beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

準決勝2発のFW小島は前線で奮闘も決勝は無得点。藤枝東の“ザ・ストライカー”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤枝東高の前線で奮闘したFW小島涼平

[2.23静岡県高校新人大会決勝 静岡学園高 2-0 藤枝東高 草薙陸]

 3連覇を目指した藤枝東高は準優勝。1トップを務めたFW小島涼平(2年)は敗戦の悔しさを滲ませていた。

 準決勝は2ゴールで逆転勝ちの立て役者に。「結構燃えていました。(静岡学園のFW)持山(匡佑)が中学(清水ジュニアユース)の時同じチームで、そことの勝負にも燃えていたし、学園倒してここで優勝して一気に俺たちが波に乗ろうと思っていた」と決勝も奮闘したが、そのFW持山匡佑(2年)に目の前でゴールを決められて敗れる形となった。

 藤枝東は技術力を備えた選手が多いが、小島は相手の守りを破り、ゴールを奪い獲る選手の必要性を感じている。その存在に自分がなることが目標だ。この日は前線で良くボールを収め、後半立ち上がりにはパワフルなドリブルで突進するシーンもあったが、ゴールを奪うことはできず。「チームが苦しい中で自分がシュートまで持って行くところがまだまだ足りないかなと思います」と唇を噛んでいた。

 成長も実感している。「高校入ってから当たり負けとか背負うところとか(小林公平)監督にも課題と言われていたところなので、最近は少しずつですけれどもできてきている」と小島。指揮官も軸の一人になってきたことを認めていたが、より成長しなければ相手の守りをこじ開けて、チームを勝たせることはできない。

「理想は前線で身体を張って、キープしてサイド散らしたり、裏抜けて最後決めるというのもあるし、クロスからも決められる『ザ・ストライカー』みたいな選手になりたいです」。FWクリスティアーノ・ロナウドやFWロベルト・レバンドフスキのように、どんな状況でも、どんな試合でもDFをこじ開けて得点できるようなストライカーへ。自身を高め続けて、まずはインターハイ予選やプリンスリーグ東海でゴールを連発する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP