beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関東1部復帰の拓殖大新入部員に市船MF佐久間とSB長田、静学CB関根、JユースからもMF安西、FW三浦、FW小塩ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

市立船橋高の10番MF佐久間賢飛拓殖大へ進学する

 20年の関東大学リーグ2部で2位に入り、11年ぶりの1部復帰を決めた拓殖大が、21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、拓殖大)

 注目選手たちが多数加入する。ハードワークを強みとするMF佐久間賢飛は、名門・市立船橋高(千葉)で2年時から先発を務め、3年時には10番を背負ったボランチ。市船からは、50m走5秒台の快足を活かして右サイドでスプリントを繰り返す日本高校選抜SB長田京兵も進学する。

 DF酒匂駿太は2年時に右SBとして、3年時にはFWやSHとして帝京長岡高(新潟)の2年連続選手権ベスト4に貢献。突破力に秀で、今年は日本高校選抜候補にも選出されている。DF関根大輝は名門・静岡学園高(静岡)で主将を務めたCB。抜群の高さに加え、ボールを運ぶ力も備えたDFはJクラブも関心を寄せていた注目株だ。

 スキル高いMF日野翔太堀越高(東京)の10番で主将。ピッチ内外でチームを引っ張り、初の選手権8強の立て役者となった。強豪・浜松開誠館高(静岡)で2年時から主将を務めたDF岡部直弥は、ゲームコントロールする力に秀で、中盤、最終ラインでも存在感を放つ選手だ。MF竹森康太(瀬戸内高)は左右両足の精度高いプレーメーカーで、FW入澤祥真(桐生一高)はスピードと得点力秀でたアタッカー。攻守に力強い左SB中島修斗(前橋育英高)、神奈川4強・横浜創英高の大黒柱で攻守に力のあるCB照井佑亮、フィード能力高いGK石原健(八千代高)、シュートストップ注目のGK川村龍世(浦和東高)、195cmの超大型GK駒村祐乃介(実践学園高)も加入する。

 Jクラブからも実力派たちが加入する。MF安西晃輝横浜FCユースの攻守の要として、プレミアリーグ関東でフルタイム出場を果たして優勝に貢献したボランチ。また、ヴィッセル神戸U-18のスケール感大きなストライカー、FW三浦敏邦、スーパープリンスリーグ東海得点ランキング2位タイのストライカー、FW小塩拳生(清水エスパルスユース)、質の高いポジショニングと運動量を備えたレフティーMF木村俊太(柏レイソルU-18)、下級生時から北海道コンサドーレ札幌U-18の最終ラインを支えた強靭なCB東潤太もリストに名を連ねる。

 加えて、ベガルタ仙台ユースの183cm守護神・GK岡山崇人と局面打開光るFW川口祐馬(FC東京U-18)、動き出しを繰り返してチャンスに絡むFW石川凜太朗(FC町田ゼルビアユース)、そして湘南ベルマーレU-18からMF大堀真一が加入する。

以下、拓殖大の入部予定選手
▼GK
石原健(八千代高)
岡山崇人(ベガルタ仙台ユース)
川村龍世(浦和東高)
駒村祐乃介(実践学園高)
▼DF
関根大輝(静岡学園高)
酒匂駿太(帝京長岡高)
長田京兵(市立船橋高)
東潤太(北海道コンサドーレ札幌U-18)
照井佑亮(横浜創英高)
岡部直弥(浜松開誠館高)
中島修斗(前橋育英高)
▼MF
安西晃輝(横浜FCユース)
佐久間賢飛(市立船橋高)
大堀真一(湘南ベルマーレU-18)
木村俊太(柏レイソルU-18)
日野翔太(堀越高)
竹森康太(瀬戸内高)
▼FW
三浦敏邦(ヴィッセル神戸U-18)
小塩拳生(清水エスパルスユース)
入澤祥真(桐生一高)
川口祐馬(FC東京U-18)
石川凜太朗(FC町田ゼルビアユース)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、リストは現時点での入部予定者になります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。新入部員の発表のない大学や、発表時期の遅い大学もあります。予めご了承ください。

TOP