beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10選手がJ1デビューの徳島、岸本先制弾も敵地でドロー…大分は新加入FW渡邉がJ1初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1初ゴールのMF岸本武流

[2.27 J1第1節 大分1-1徳島 昭和電ド]

 J1リーグは27日、第1節2日目を各地で行い、大分トリニータ徳島ヴォルティスは1-1で引き分けた。

 ホームの大分はJ1リーグ3年目。守備時は4-4-2で構える新システムにトライし、DF坂圭祐(←湘南)、MF井上健太(←福岡大)、DF高畑奎汰(←鳥取/期限付き移籍から復帰)、FW渡邉新太(←新潟)と4人の新戦力が先発に並んだ。渡邉はこれがJ1デビュー戦となった。

 対する徳島は7年ぶりのJ1挑戦。GK上福元直人、DF福岡将太、DF吹ヶ徳喜(←阪南大)、MF藤田譲瑠チマ(←東京V)、MF岸本武流、MF藤原志龍、MF浜下瑛(←栃木)の7選手が先発でJ1デビューを果たし、新加入のFW宮代大聖(←川崎F/期限付き移籍)も先発に入った。ダニエル・ポヤトス監督は検疫措置で入国できていないため、甲本偉嗣ヘッドコーチが指揮をとった。

 試合は立ち上がりから徳島が主導権を握ったが、最初のビッグチャンスは大分。前半5分、徳島のビルドアップに対して渡邉が猛烈なプレッシャーをかけ、高い位置に上がっていた上福元へのタックルでボールを奪うと、左足で無人のゴールに流し込んだ。だが、主審はここでファウルの判定。得点は認められなかった。

 その後はプレスの機能しない大分に対し、巧みなポジション取りでボールを握る徳島が一方的に攻め込む。そして前半37分、徳島はMF岩尾憲が浮き球を敵陣に配給すると、大分は高畑とGK高木駿が連係ミス。このボールを拾った岸本が落ち着いてネットに流し込み、先制点を奪った。

 さらに徳島は前半42分、岩尾の浮き球パスに反応した宮代がヘディングでそらすシュートを放ち、ボールはわずかにゴール左外へ。大分はまたしても高木が飛び出しており、立て続けに守備陣の不安定さが露呈した。

 それでも大分は後半開始時、前半に痛めていた古巣対戦のMF野村直輝に代わってMF町田也真人を投入。すると徐々に躍動感を取り戻し、9分には渡邉の突破からFW高澤優也が強烈な左足シュートを放った。だが、これはかつて大分で6シーズンプレーしていた上福元がスーパーセーブ。試合の均衡は守られた。

 徳島は後半11分、吹ヶに代わってJ1デビューのMF川上エドオジョン智慧を投入。それでも大分の勢いは止まらず、同14分にスコアが動いた。坂のロングフィードが右サイドの最終ライン裏に通ると、持ち味のスピードを活かした井上が町田につなぎ、シュートのこぼれ球が渡邉のもとへ。ゴール前には徳島守備陣が立ちはだかったが、力強く左足を振り抜いてゴールに突き刺した。

 徳島は後半30分すぎ、空中戦を競り合ったDF石井秀典が着地時に頭を打って倒れ込み、脳震盪の疑いがあるとして特例ルールで交代。J1デビューのDF安部崇士が送り込まれた。その後は同じくJ1デビューのMF渡井理己らを投入し、勝ち越しを狙った徳島だったが、1-1のままタイムアップ。J1復帰初戦はアウェーで勝ち点1に終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP