beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋が今季の主将&副主将、選手会会長&副会長を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季3位に入った名古屋

 名古屋グランパスは27日、2021年シーズンのキャプテンがDF丸山祐市(31)、副キャプテンがDF吉田豊(31)、MF米本拓司(30)、MF稲垣祥(29)、DF中谷進之介(24)、選手会の会長がDF成瀬竣平(20)、副会長が石田凌太郎(19)に決定したことを発表した。

 名古屋は昨季のJ1リーグ戦で19勝6分9敗(勝ち点63)の3位。今季は就任3シーズン目のマッシモ・フィッカデンティ監督の下、9年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている。

 今季もキャプテンを務める丸山はクラブ公式サイトを通じ、「日程的には、昨シーズンより厳しいシーズンとなり、良い時も悪い時もあると思いますが、常に先頭に立って、チームを引っ張っていきます」と意気込みを語った。

 また、選手会会長の成瀬は「今年も新型コロナウイルスの影響が続くシーズンとなりますが、選手代表としてクラブとコミュニケーションをとり、より良い方向へ進めるように努めたいと思います」と表明。副会長の石田は「会長の成瀬選手を支えながら自分の役割を果たしたいと思います」と抱負を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP