beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

稲本の記録24年ぶり更新…鳥栖DF中野伸哉が17歳6か月10日でJ1史上最年少開幕スタメン

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥栖の至宝DF中野伸哉が開幕スタメン最年少記録を更新

サガン鳥栖の至宝DF中野伸哉が17歳6か月10日で開幕スタメンに名を連ね、J1史上最年少記録を更新した。27日、中野は湘南戦(○1-0)にフル出場し、開幕白星に貢献している。MF稲本潤一(当時G大阪)が24年前に打ち立てた17歳6か月25日という開幕スタメン最年少記録を塗り替える形となった。

 2003年8月17日生まれの中野は鳥栖U-18に所属。昨年8月1日のFC東京戦に出場し、16歳11か月15日でJデビュー。MF松岡大起のクラブ史上最年少出場記録を更新していた。昨季は14試合に出場し、今季も2種登録で開幕戦に先発した。

J1開幕スタメンは、稲本に次いでAZ所属のMF菅原由勢(当時名古屋)が17歳7か月27日、ヘタフェに所属するMF久保建英(当時FC東京)は17歳8か月19日の若さだった。

中野伸哉 17歳6か月10日
稲本潤一 17歳6か月25日
菅原由勢 17歳7か月27日
久保建英 17歳8か月19日

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP