beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

小柄な10番が大きな存在感。MF森田主将がプレーで大津を引っ張る

このエントリーをはてなブックマークに追加

大津高のU-17日本代表候補MF森田大智主将はプレッシャーの中でも質の高いプレー

 九州高校新人大会連覇を狙った大津高(熊本1)は、2勝1分と無敗ながらも総得点差で神村学園高に届かず、ブロック2位で予選リーグ敗退となった。

 ブロック首位奪取のために勝つしか無かった神村学園高(鹿児島1)との最終節で痛恨のスコアレスドロー。前半は相手の鋭いプレッシングの前に各選手が消極的になった部分もあった。U-17日本代表候補MF森田大智主将(2年)は「後半からギアが上がって自分たちの攻撃ができたんですけれども1点が獲れなくて悔しいです」と無念の表情。森田が連続でのパス交換から右足を振り抜いたシーンも、GKのビッグセーブに阻まれて1点を奪うことができなかった。

「キャプテンとしてチームを勝たせたいと思っていて、あのシュートも止められたのでまだ甘いです」

 それでも、10番は大津での2年間で確実に進化していることを証明した。1年時のプレミアリーグWEST開幕戦で先発し、G大阪ユースから先制点を叩き出す衝撃デビュー。昨年は“公立の雄”こと大津で10番を背負い、九州高校新人戦とスーパープリンスリーグ九州優勝に貢献した。U-17日本代表候補合宿も経験。その小柄なMFが最終学年となった今年、ピッチで大きな存在感を放っている。

 動きの中での技術の高さに加え、判断スピード、キレが向上。九州大会ではプレーに余裕があった。個の力に頼りすぎることなく、周囲を活用しながらよりよい形でボールを受けて前進。加えて、守備で身体を張り、九州国際大付高戦ではボランチの位置からゴール前へ飛び出してゴールを奪うなど、ハードワークの部分でもチームを引っ張っていた。

「去年から出させてもらっているのはフィールドの中では自分だけ。声とかで引っ張るタイプではないので、プレーで頑張ることは意識しています。高卒でプロになるというのが目標。自分が点を獲ったり、アシスト出来る選手になりたい」と意気込んだ。逆取りの巧さなどセンスの高さも特長だが、トップレベルで戦える選手であることを証明していかなければならない。“育成チーム”大津の中で自身も磨き続けて目標を達成する。
 
(取材・文 吉田太郎)

TOP