beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーキー柴山がJ初弾、奥抜が決勝弾!新戦力躍動の大宮が逆転開幕白星…水戸は2年連続黒星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.28 J2第1節 水戸1-2大宮 Ksスタ]

 2021シーズンのJ2リーグが開幕し、ケーズデンキスタジアム水戸では水戸ホーリーホック大宮アルディージャが対戦し、大宮が2-1で勝利した。ルーキーMF柴山昌也(←大宮U18)が同点ゴールを挙げ、MF奥抜侃志が決勝ゴール。大宮は2年連続の開幕白星を飾った。

水戸は秋葉忠宏監督体制2年目で、4-3-3のシステムを採用。新戦力はDFタビナス・ジェファーソン(←川崎F)、DF温井駿斗(←栃木)、FW安藤瑞季(←C大阪)が開幕スタメンに名を連ねた。
一方、岩瀬健監督を迎えた大宮は新体制で4-4-2のシステム。新加入選手ではGK上田智輝(←奈良クラブ)、DF馬渡和彰(←川崎F)、DF櫛引一紀(←広島)、MF松本大弥(←広島)、MF松田詠太郎(←横浜FM)、FW中野誠也(←磐田)らが開幕スタメンに名を連ねた。

 大宮は前半6分、馬渡のクロスに中野がヘッドで合わせる決定機を迎えたが、惜しくも枠外。先制機を逃すと、水戸がカウンターから試合を動かした。前半8分、センターサークル付近でボールを奪い返した安藤がドリブルで一気に持ち上がり、タイミング良くスルーパス。PA内に抜け出したMF深堀隼平がGKとの1対1を制し、左足シュートをゴール右隅に流し込んだ。

 後半開始から大宮は佐相を下げて柴山を投入。すると後半25分、中野からパスを受けた柴山が鋭いカットインで対峙した相手を外し、利き足ではない右足シュートでネットを揺らした。今季トップ昇格した18歳が開幕戦でプロ初ゴールをマークした。

 さらに後半38分、右サイドから馬渡が絶妙なピンポイントクロスを入れると、飛び込んだ奥抜がヘッドで押し込み、逆転に成功。新戦力が躍動した大宮が2-1で競り勝ち、2年連続の開幕白星。一方、水戸は2年連続の黒星スタートとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP