beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

18歳の鮮烈デビュー弾!! 千葉・高卒ルーキーFWブワニカ啓太「怖いものはないと思っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jデビュー弾を叩き込んだジェフユナイテッド千葉FWブワニカ啓太

[2.28 J2リーグ第1節 千葉 1-1 甲府 フクアリ]

 記念すべき日となった。高卒ルーキーながらも、開幕戦でベンチ入り。後半開始から投入されてJデビューを飾ったジェフユナイテッド千葉FWブワニカ啓太は、さらにJ初ゴールまで記録することになった。

 修徳高で「選手権に一度も出られなかった」というブワニカだが、3年間の努力が実を結んで、千葉への加入が決まった。プロサッカー選手としての道を歩み始めると、プレシーズンに「少しずつ試合に出させてもらった」こともあり、「スタメンで出るつもりでいた」と開幕戦を待ちわびていた。

「昨日の夜からイメージトレーニングしていて、少し寝るのに時間がかかった」。白い歯を見せた18歳。開幕スタメンの座こそ逃したものの、ベンチ入りを果たして今季初戦に臨む。そして、前半アディショナルタイムに先制を許し、リードを奪われて迎えた後半開始からピッチへと送り込まれた。

「流れを変えないといけない。緊張はしたけど、1年目で初出場なので怖いものはないと思ってピッチに入った。今日のために準備してきたので、思い切ってやるだけだった」

 最前線に入ると、中央にとどまるのではなく、左右に開いてボールを呼び込み、攻撃にリズムをもたらそうとする。そして、後半12分には大きな仕事をやってのける。

 自身が右サイドから送ったクロスは逆サイドまで抜けてしまうが、攻め上がったDF安田理大が拾ってクロスを供給。ファーサイドに送られたボールに反応したのがブワニカだった。打点の高いヘディングで合わせたボールはゴールネットを揺らし、Jデビュー弾となる同点ゴールが生まれる。

「ミチくん(安田)が本当に良いボールを上げてくれた。いつもヘディングの練習をしていたので、それをうまく出せた」

 嬉しいJ初ゴールに喜びを表しつつ、開幕戦を1-1で終えたこともあり、「チームを勝利に導けないと意味がない」とキッパリ。悔しさは残るデビュー戦となったが、18歳が大きな一歩を踏み出したのは間違いない。「必ずJ1に導けるように頑張ります」と、さらなる飛躍を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP