beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョが復活のベイルを絶賛「チームには彼の才能が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 トッテナムジョゼ・モウリーニョ監督がバーンリー戦で2ゴールを決めたFWガレス・ベイルを賞賛した。『ESPN』が伝えている。

 2月28日にプレミアリーグ第26節バーンリー戦が行われ、モウリーニョはレンタル復帰後3度目となるスタメン出場の機会をベイルに与えていた。2得点を挙げたベイルが連敗中のチームを救い、それが報われる形となった。

 まずは前半2分、ベイルはFWソン・フンミンからのクロスに抜け出し、ワンタッチで押し込んで先制ゴール。前半15分にはFWハリー・ケインのゴールをお膳立てし、後半10分にはダメ押しの4点目。4-0の勝利に大きく貢献した。

 モウリーニョはリーグ戦でベイルを信頼することに消極的だったように見えた。だが、途中出場したウエストハム戦でのインパクト、ボルフスブルグ戦でのパフォーマンス、そしてこの試合の2得点を経て、ベイルは再び花を咲かせ始めている。

 モウリーニョは「私自身、彼のことはとてもうれしく思うし、チームにとっても非常にいいことだ。彼の才能は必要だったからね」とベイルをたたえた。

「コンディションが良ければ、彼には今のようなプレーができる。それが嬉しい。彼のプレーはとても良かった。得点に限らず、スピードを変えて中に入ったりと、とても良かったよ」

 ベイルは直近4試合で4ゴールの活躍ぶり。今後のトッテナムの試合を考えても、彼の復活は大きな意味を持ってくるだろう。トッテナムは8位のままだが、4位のウエストハムとの勝ち点差を6に縮めている。

「順位を上げるために勝ち点3が必要だった。それから選手たちの笑顔のためにもね。それが最も重要なことだ。プレミアリーグでいいかたちで勝利することが必要だったんだ」とモウリーニョ監督。

「私たちには勝ち点が必要だ。プレミアリーグではここ最近調子がいいが、もちろん勝ち点はほしい。今日はとてもソリッドにプレーできた」

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP