beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「南野拓実には自信が必要。得点後の試合で先発すべきだった」元アイルランドFWがセインツ指揮官の判断に疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現役時代にクリスタル・パレスやバーミンガム・シティなどでプレーした元アイルランド代表FWクリントン・モリソン氏は、サウサンプトン南野拓実について言及した。

 今冬の移籍市場で1年間を過ごしたリバプールからサウサンプトンに半年間の期限付きで加入した南野。すると、デビュー戦や強豪チェルシー戦でゴールを奪うなどの活躍を見せ、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督率いるチームの中で着実にインパクトを残している。

 そんな日本代表MFだが、移籍後2ゴール目を挙げたチェルシー戦後、次戦のリーズ・ユナイテッド戦で移籍後初のベンチスタートになっていた。南野は後半途中から出場したが、チームは成すすべなく0-3の完敗。リーグ戦8試合勝利なしと大不振に陥っている。

 ハーゼンヒュットル監督は、南野のベンチスタートについて「半年の間、1試合も90分間プレーしていなかったと思う。そんな彼が1週間に3試合もプレーすべきなのか? それはできない」と、負傷リスクを懸念しての判断であったと主張。なおこの試合で同選手はハムストリングを痛め、3月1日のエバートン戦欠場が濃厚となっている。

 そんな中、モリソン氏はイギリス『スカイスポーツ』の番組内で、南野やダニー・イングスをリーズ戦の先発から外した指揮官の判断について、「私には理解できない。ミナミノのような選手の場合、自信が必要だ」と話し、自身の見解を続けた。

「フットボールをプレーするために移籍し、とても良いゴールを決めた。あのゴールは本当に素晴らしかったと言わせてくれ。ランとパスのタイミング、そして(エドゥアール)メンディと(セサル)アスピリクエタの動きを止め、アウトサイドでネットを揺らす自信が彼にはあった。だから、得点を奪ったチェルシー戦の後、彼はリーズとの次の試合に(先発で)プレーすべきだった。自信を持ち、次の試合でもプレーしたいと考えていたはずだ」

「それにリーズだって、メンバー表を見たとき『ダニー・イングスとミナミノがいない』と言って、歓喜していたはずだ」

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP