beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フローニンゲンで成長中の板倉滉、指揮官「残留は不可能。夏にはいい移籍をするだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンDF板倉滉

 フローニンゲンのダニー・バイス監督が、日本代表DF板倉滉のパフォーマンスを高く評価している。オランダ『VI』が報じた。

 先月27日に24歳の誕生日を迎えた板倉はフローニンゲンで今シーズンここまでの公式戦すべてにフル出場。昨夏、2022年までの契約を結んでいるマンチェスター・シティからの再レンタルで加入して以来、CBの位置で抜群な安定感を見せ、6位につけるチームとともに順調なシーズンを過ごしている。

 バイス監督は今季の板倉のパフォーマンスについて「とても満足している。彼はいいプレーをしているし、向上のために日々可能な限りのことをしているトッププロでもある」と高く評価する。

 さらに、マンチェスター・シティからのレンタルが継続される可能性が低いことも認め、このように語った。

「彼の成長ぶりを見れば、おそらくもう1シーズンは無理だろう。私は本当に彼をもっと長く維持したいと思っているので、心の中で少し痛みを伴ってそれを言うが、私はコウがこの夏、非常に良い移籍をすると思う」

 一方で、アヤックスやPSVといったオランダトップクラブに適応できるかどうかについては、「それを断言するのは難しい。彼が数か月で適応できるかにもよる」と話すにとどめた。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ20-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP