beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪で選手・スタッフ計5人がコロナ感染…名古屋戦の開催可否を協議中

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンバ大阪は3日、トップチーム選手4人、スタッフ1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。同日19時に豊田スタジアムで行われるJ1第11節・名古屋グランパス戦の開催可否は協議中だという。

 発表によると、陽性判定を受けた選手のうち1人は今月2日朝から発熱を伴う症状があり、PCR検査を実施。同日夕に陽性判定が出された。現在は自宅静養中だという。

 クラブは2日、選手1人の陽性判定を受けて、遠征先に入っていた選手・チームを対象にPCR検査を実施。3日未明に選手2人、スタッフ1人が陽性判定を受けた。また遠征に帯同していなかった選手・スタッフにも3日、PCR検査を実施し、選手1人が陽性判定を受けた。発熱、体調不良などの症状はないという。

 濃厚接触者の特定などは保健所の指導に沿って対応中。クラブで管理している行動履歴では、Jリーグ独自基準で選手1人、スタッフ1人が濃厚接触者疑いとされており、クラブは2人を隔離措置としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP