beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊藤翔のPK弾で横浜FCが柏を下す…カズ、ベンチ入りも記録更新は持ち越し

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FCはFW伊藤翔が移籍後初ゴール

[3.3 ルヴァン杯グループC第1節 柏0-1横浜FC 三協F柏]

 ルヴァン杯初戦、柏レイソル横浜FCによる一戦は、FW伊藤翔のPKが決勝点となり横浜FCが1-0で勝利した。

 公式戦のホーム初戦となった柏は、2月27日のJ1開幕節・C大阪戦(●0-2)の先発から1人を交代するにとどめる。MF大谷秀和に変えてMFヒシャルジソンを入れ、C大阪戦で退場処分となったDF上島拓巳は引き続きCBで起用となった。

 対照的に横浜FCは、2月27日のJ1開幕節・札幌戦(●1-5)からMF齋藤功佑を除く10選手を入れ替え。新加入の伊藤とDF中塩大貴が先発を飾り、ルヴァン杯最年長記録を持つFW三浦知良がベンチに入った。
[スタメン&布陣はコチラ]

 柏は立ち上がりからサイドバックも高い位置をとって前に人数をかける。2列目のMF瀬川祐輔が最前線まで飛び出して積極的にシュートを放つも、ゴールを脅かすことはできない。

 左サイドのMF松尾佑介のスピードを生かしたカウンターから好機をつくったのは横浜FC。前半10分には左サイドをえぐって中央へ入れるも、MF杉本竜士は合わせきることができなあい。続く19分、松尾がドリブルで持ち上がり杉本へ。フィニッシュまで持ち込んだが、杉本のシュートはGKキム・スンギュの好セーブにあってしまう。

 27分、横浜FCはMF齋藤功佑が柏のビルドアップのミスをついてチャンスを迎えたが、決めきることはできなかった。

 前半終了間際には柏に決定機。FW江坂任が敵陣でボールを奪い返すとゴール前に鋭いボールを入れる。瀬川が粘ってマイボールにすると、ゴール前で切り返してDFを剥がすと、フリーで左足を振り抜く。しかし、シュートは枠をとらえることはできなかった。

 後半に入り試合は動く。伊藤が上島に倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めて成功させて横浜FCが先制に成功した。

 横浜FCはピッチを広く使って時計の針を進めていく。チャンスが遠かった柏だが、MF椎橋慧也が敵陣でボールを奪い、シュートまで持ち込むもシュートは枠を外れてしまう。

 終盤には途中出場のFWイッペイ・シノヅカがDFラインの裏に入れたボールを、江坂が胸トラップから右足を強振。ゴール右隅へ向かったシュートは惜しくも枠から外れてしまった。

 終盤押し込まれるも耐えた横浜FCが今季公式戦初勝利。柏は公式戦連敗スタートとなった。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2021特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP