beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ストイコビッチ氏がセルビア代表監督に就任! 日本人コーチの入閣も決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストイコビッチ氏がセルビア代表監督に就任

 セルビアサッカー協会(FSS)は3日、ストイコビッチ氏(56)がセルビア代表監督に就任することが決定したと発表した。契約期間は2024年のEURO予選終了までの3年間となっている。

 同日に56歳の誕生日を迎えたストイコビッチ氏はFSS公式サイトを通じ、「非常に嬉しく、同時にとても誇りに思っている。自国の指揮官になること以上の名誉はない。私はこれ以上の誕生日プレゼントを望むことはできなかった」と就任の喜びを語った。

 現役時代は旧ユーゴスラビア代表として活躍し、1994年から2001年までは名古屋に所属。その華麗なプレースタイルから“ピクシー”の愛称で親しまれた。引退後は名古屋や広州富力の監督を歴任。名古屋では2010年のJ1初制覇などの実績を残した。

 また、同日に代表チームのスタッフも発表され、ストイコビッチ氏の下で名古屋フィジカルコーチ、広州富力トップチームコーチなどを務めた喜熨斗勝史氏(56)がフィットネスコーチに就任することも決まっている。

●EURO2020特集

TOP