beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

6人コロナ感染のG大阪が活動方針発表…現時点では10日の大分戦開催へ準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンバ大阪は5日、今後のトップチームおよびクラブ関係者の活動に関する発表を行った。

 クラブ内で選手5人、スタッフ1人の計6人が新型コロナウイルスに感染者が出たことで、3日の名古屋戦、6日の鹿島戦が中止になっていた。前日に実施したPCR検査の結果、陰性が確認されたことを受けて自粛していたフロントスタッフ・アカデミースタッフ・スタジアム関係者の活動を5日より再開したことを報告している。

 トップチームの活動については、濃厚接触者が特定されるまではトップチームは自主トレーニングのみとし、チーム全体での活動は休止している。今後の活動については、「Jリーグおよび大阪府、吹田保健所との協議の結果、陽性者ならびに濃厚接触者の特定と隔離、また感染予防策のさらなる徹底を図ることで、チームの活動ならびに試合開催の再開は可能であるとの方向性が示されました」とし、現時点では10日のJ1第3節大分戦開催に向けて準備を進めていく方針を発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP