beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[デンチャレ]途中出場FW小森飛絢のハットで関東C・北信越が逆転勝ち!!決勝は関東Aと激突

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW小森飛絢(ひいろ、新潟医療福祉大2年=富山一高)が大ヒーローに!

[3.6 デンチャレ準決勝 九州 3-4 関東C・北信越]

 第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会の準決勝が6日に行われ、第2試合では関東C・北信越選抜が九州選抜を4-3で下した。明日7日に行う決勝では関東選抜Aと対戦。九州選抜は3位決定戦に回り、関東B・北信越選抜と対戦する。

 九州選抜が前半で2点のリードを奪った。まずは前半17分、エリア右でボールを受けたMF北條真汰(福岡大1年=鹿児島城西高)が個人技で突破。ニアを豪快に抜いて先制点を奪う。さらに同19分、今度は左サイドからのロングボールでエリア内に入ったMF木橋朋暉(鹿屋体育大3年=東福岡高)が左隅に流し込んで追加点を奪った。

 しかし後半開始と同時に入ったFW小森飛絢(ひいろ、新潟医療福祉大2年=富山一高)が流れを一変させる。関東C・北信越は後半開始10数秒、左サイドでこぼれたボールに反応した小森は、エリア手前から右足を振り抜く。反撃の1点を決めると、同14分には左クロスのこぼれ球をゴール前で落ち着いて押し込み、試合を振り出しに戻す。

 そして後半26分、MF高岸憲伸(中央大3年=星稜高)が高い位置で相手のパスミスを奪ってスルーパス。小森がハットトリックとなる得点を決めて、関東C・北信越が試合をひっくり返した。

 終盤も試合は動き、後半41分に関東C・北信越は高岸のFKからDF猪俣主真(駒澤大3年=三浦学苑高)が頭で押し込んで突き放す。しかし九州選抜も後半44分にFW沖野直哉(長崎総合科学大3年=東福岡高)のクロスをMF立岩玄輝(日本文理大3年=神戸弘陵高)が押し込んで1点を返す。ただ反撃はここまでで、関東C・北信越が決勝へと勝ち上がった。

▼関連リンク
●第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会特集

TOP