beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鉄人36歳FW中島裕希が1G1A!! 長谷川初弾&鄭大世デビューの町田が磐田を3発撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

町田FW中島裕希が1ゴール1アシストの活躍

[3.6 J2第2節 磐田1-3町田 ヤマハ]

 J2第2節が6日に行われ、FC町田ゼルビアは敵地でジュビロ磐田を3-1で下した。衰え知らずの36歳FW中島裕希が16シーズン連続弾を含む1ゴール1アシストの活躍。MF長谷川アーリアジャスール(←名古屋)の移籍後初ゴールも生まれ、今季初白星で開幕2試合負けなし(1勝1分)とした。

 町田は後方からパスをつなぐ磐田に対して前からプレッシャーをかけると、前半9分に相手の隙を突き、先制に成功する。磐田GK八田直樹が味方からのバックパスを前方に蹴り出そうとしたところ、キックミスとなって目の前の中島へ。36歳FWは右足で冷静に流し込み、2006年の仙台時代から16シーズン連続となる得点を挙げた。

 ホーム開幕戦で思わぬ形から失点を喫した磐田。前半30分、自陣でMF遠藤保仁からパスを受けたMF大森晃太郎がドリブルで持ち上がり、PA内右のFWルキアンに渡す。ルキアンからのグラウンダーのクロスをMF松本昌也が滑りながら右足で押し込み、1-1と同点に追い付いた。

 だが、町田は直後の前半32分に勝ち越しゴールを奪取する。先制弾の中島が右サイドに流れ、ゴールライン際から右足でクロス。ニアのMF平戸太貴が頭で合わせると、ふわりとした弾道で逆のサイドネットに吸い込まれた。

 追いかける磐田は後半に入り、MF藤川虎太朗や新加入のFW大津祐樹(←横浜FM)、MF鈴木雄斗(←川崎F)を投入して反撃を図る。しかし、次の1点も町田が奪った。

 後半28分、右サイドの平戸がMF吉尾海夏からのパスに走り込み、右足で低い弾道のアーリークロスを送る。これにファーで合わせたのは途中出場の長谷川。フリーの状態から左足で蹴り込み、加入後初得点で3-1とした。

 その後、磐田はさらにFW小川航基を投入。町田もMFデューク・カルロス(←岡山/期限付き移籍)、新天地デビューとなるFW鄭大世(←清水)をピッチに送り出す。磐田は最後まで追い付くことはできず、第1節・琉球(●0-1)に続く開幕2連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第2節1日目 スコア速報

TOP