beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先発6人変更も川崎F強し!! 前半だけで4発!! 開幕3戦10ゴールで3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

5発快勝の川崎フロンターレが開幕3連勝

[3.6 J1リーグ第2節 仙台 1-5 川崎F ユアスタ]

 J1リーグは6日、第2節を開催し、ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台川崎フロンターレが対戦。前半だけで4点を奪った川崎Fが、後半も1点を加点して5-1の勝利を収め、開幕3連勝を飾った。

 ホームの仙台は2月27日のJ1第1節広島戦(△1-1)から先発2人を入れ替え、FW西村拓真、MF富田晋伍らを先発起用。一方、開幕2連勝の王者・川崎Fは3日のJ1第11節C大阪戦(○3-2)から先発6人を入れ替え、FW小林悠、FW長谷川竜也、FW遠野大弥、MF橘田健人、DF車屋紳太郎、DF山村和也らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半3分に川崎Fがゴールに迫る。MFジョアン・シミッチが右サイドから送ったクロスを長谷川がヘッドで合わせるが、シュートはわずかに枠上に外れた。しかし、同13分、遠野のパスから右サイドを駆け上がったMF田中碧のグラウンダーのクロスをFW小林悠が押し込み、川崎Fが先制に成功した。

 前半25分には川崎Fが追加点。左サイドから長谷川が送ったクロスから小林が放ったヘディングシュートはポストを叩いたものの、こぼれ球を拾った遠野が左足で蹴り込み、スコアを2-0とした。同26分には仙台ベンチが動き、負傷したMF関口訓充に代えてMF石原崇兆をピッチへと送り込む。

 前半33分には右サイドからDF山根視来が送ったクロスがDF蜂須賀孝治のオウンゴールを誘って3点目。さらに同39分にはPA内でボールを受けた橘田が鋭い反転からラストパスを送ると、小林が合わせてゴールを陥れ、川崎Fが4点のリードに成功する。

 4-0と川崎Fがリードしたまま後半を迎えると、仙台はMF松下佳貴、DF真瀬拓海、DF平岡康裕と3枚を投入して状況を打開しようと試みる。後半13分にはMFマルティノスのシュートをこぼれ球をMF上原力也が蹴り込み、仙台が1点を返した。

 後半27分に川崎Fベンチが動き、ベンチスタートとなっていたMF家長昭博とMF三笘薫を同時投入。すると同38分、小林とのパス交換から前線に上がったDF旗手怜央がPA内まで持ち込み、右足のシュートでネットを揺らして5点目を記録する。

 その後、川崎Fに追加点こそ生まれなかったものの、仙台の反撃も許さずに5-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP