beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵地で攻め倒した山形、V・アラウージョ2発で東京V撃破! 開幕2戦目で今季初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを決めた山形FWヴィニシウス・アラウージョ

[3.7 J2第2節 東京V 0-2 山形 味スタ]

 モンテディオ山形が7日、J2第2節で東京ヴェルディの本拠地・味の素スタジアムに乗り込み、2-0で勝利を収めた。昨季チーム得点王のFWヴィニシウス・アラウージョが今季初弾を含む2ゴールの活躍。開幕2戦目で初白星をつかんだ。

 ホーム2連戦の東京Vとアウェー2連戦の山形が激突した一戦。開幕2連勝を狙う東京Vは、ビルドアップ時にMF加藤弘堅が降りて4バックから3バックとなり、相手のズレを突きながらゴール前にボールを運ぶ。

 しかし、山形が時間の経過とともに対応すると、攻撃でもペースを握り始める。前半13分には左CKからキッカーのFW中原輝が左足でクロス。ゾーンで守る東京Vに対し、後ろから飛び込んだDF野田裕喜が頭で合わせると、GKマテウスに弾かれたボールをV・アラウージョが右足で蹴り込んだ。

 V・アラウージョの今季初ゴールで先制した山形は、ここから東京Vのお株を奪う攻撃的なサッカーを展開していく。パスワークで相手を押し込み、ボールを奪われてもすぐに回収。シュート数で圧倒したほか、ボール支配率、パス本数やその成功率でも逆転して前半を終えた。

 山形はリードして迎えた後半も攻め手を緩めず、前へトライするプレーを繰り返していく。昨季から石丸清隆監督のスタイルを知る選手たちに加え、MF山田康太とMF國分伸太郎のダブルボランチや中原といった新加入組も存在感を発揮する。

 後半15分には山田康太が縦パスを送り、右のハーフスペースでフリーとなったDF山田拓巳が右足でクロス。ファーでマークを外したV・アラウージョが左足で合わせるが、ミートせず、GKマテウスにセーブされる。直後の同16分には東京Vにもチャンス。PA手前右のMF山本理仁が浮き球のパスを出し、ゴールエリア左脇で受けたFW小池純輝が右足を振り抜く。だが、至近距離からのシュートはGK藤嶋栄介に防がれた。

 ピンチをしのいだ山形は後半21分に追加点を奪う。ショートパスで左サイドを崩し、PA内左に持ち込んだFW南秀仁が古巣ゴールへ右足でシュート。GKマテウスに止められるも、V・アラウージョが跳ね返りを再び右足でプッシュし、この日2ゴール目を挙げた。

 その後も山形はスムーズかつ安定したボール回しを見せ、相手が焦れたところで空いたスペースを使ってゴールを強襲。東京Vは選手交代などで打開を図ったものの、無得点でタイムアップとなり、今季初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第2節2日目 スコア速報

TOP