beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先輩MF櫻井の助言、ゴールへの意識で「変わった」。新生・前橋育英の注目MF笠柳翼が名古屋U-18から2発!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新生・前橋育英高(群馬)の注目MF笠柳翼

 プロ入りした先輩からの助言を実行し、プレーを変化させている。新生・前橋育英高(群馬)の注目選手は、1年時の「関東Rookie League」でMVPと得点王の2冠を獲得し、昨年から公式戦出場を重ねているMF笠柳翼(2年、川崎チャンプ出身)だ。

 6日に開催された2021プーマカップ群馬の名古屋U-18(愛知)戦では、0-3から連続ゴール。後半、選手同士の距離感を修正したチームの反撃の中心となった笠柳はまず5分、FW守屋練太郎(2年)のインターセプト、シュートのこぼれ球を冷静にゴールへ流し込む。

 さらに、10分には左スローインからカットイン、ワンツーにチャレンジ。こぼれ球を拾うと、「コース見えたので振り速く、そこは良い判断だったかなと思います」という技ありのシュートを右隅に沈めて2点目を奪い取った。

「(自分の)存在価値はゴールだと思っています。去年はプリンス(リーグ関東)とか1点も決められなくて、課題が残ったし、選手権(予選)も自分が出たにもかかわらず負けてしまったので、ゴールを決められる選手になっていかないといけない」。左サイドを主戦場とした昨年は切り崩し役の印象だったが、今年は同じ左サイドのポジションでもゴールに近いポジショニング、プレーを増やして結果に繋げている。

 その笠柳は「去年はドリブルにこだわり過ぎたと言うか、自分のやりたいことをやっていた感じだった」と振り返る。将来のためにも、自分をアピールしなければという思いが強すぎた昨年。また、試合に出られずに気持ちを落としたり、不貞腐ったり、精神的な波もあったのだという。

 その2年生に声掛けしていたのが、今年神戸入りして公式戦デビューも果たしたMF櫻井辰徳。笠柳にとって「去年から一番お世話になった先輩」という存在だ。プーマカップの直前にもLINEで「オマエはこれから個人じゃなくて、チームのために引っ張っていかないといけない」というメッセージを受けたという。

 個人のためではなく、チームのためにプレーすること、そして今年は新しい前橋育英を引っ張ること。性格面から根気強くアドバイスしてくれていた先輩のおかげで、「チームのためにやると変われた。(現在は)責任感強いです」。元々、笠柳は突破力に長けるだけでなく、周囲を活かし、活かされるプレーも上手い。「チームのため」を意識し、連係の中で強みを表現することで、自分のプレーも良くなっていることを実感。この試合は2-3で敗れて白星に結びつかなかったが、これからもブレずにチームのために戦い、その上で勝利、ゴールという結果を残す意気込みだ。

 前橋育英は、昨年の選手権群馬県予選3回戦で桐生一高とのプリンスリーグ勢対決で敗れ、連覇が6でストップ。笠柳は前半途中に交代出場したが、チームを勝たせることができなかった。「先輩の泣く姿とか見て、今年は自分自身が勝たせないと行けない。(仲間たちに)あんな泣かせるのは嫌だなとか……自分はプレーとかで引っ張っていきたいから、そこを意識して日々やっていきたい」と宣言する。

 憧れの選手はMFジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ)やMFメイソン・マウント(チェルシー)。「ジャック・グリーリッシュが大好きなので。ボールを持っている姿勢が凄く綺麗で、ドリブル仕掛ける前にポンと出したり、上手く周りを使いながら自分もゴール決めてチャンスメークする。ああいうプレーヤーのように上手く体を使いながらやっていきたい」。強力アタッカーはプレミア屈指と言われる名手たちを参考に自分を磨く。

 目標は第100回の選手権で前橋育英を頂点へ導き、個人としてプロ入りも達成すること。ゴールへの意識と、先輩の助言によって「変わった」注目アタッカーが、競争激しい前橋育英の中でさらに成長を遂げて、目標を達成する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP