beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

室屋に対するリポーターの発言が“炎上”…本人は批判に「本気で言っているのか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF室屋成に対するリポーターの発言が“炎上”

 ハノーファーのDF室屋成に対するリポーターの発言が“炎上”した。ドイツ『ビルト』が伝えている。

 室屋とMF原口元気が所属するハノーファーは6日、ブンデスリーガ2部第24節でエルツゲビルゲ・アウエとのアウェー戦に臨み、1-1で引き分けた。問題となった発言は、終了間際に室屋がチャンスを逃した場面で起きたという。

 同紙によると、ドイツ『スカイ・スポーツ』でリポーターを務めるヨルク・ダールマン氏が「(決めていたら)ハノーファーでの初ゴールだっただろう。彼が最後に得点したのは寿司の国だ」とコメント。これに対し、SNS上で一部のファンから「人種差別は耐えられない」「嫌だな」「スカイ、あなたは行動しなければならない」などと非難の声が上がったようだ。

 ダールマン氏は自身の発言についてインスタグラムで「普段はくだらないことに反応したくないと思っている。日本を寿司の国と言ったら、それは本当に人種差別なのか? 本気で言っているのか?」と反論している。

 ハノーファーのスポークスマンも同紙からの問い合わせに対し、「発言は面白くもなく、成功もしなかった。しかし、ダールマン氏が人種差別的な態度を取っていると主張することは不合理だ」と冷静に回答。問題視はしなかった。

 ただ、ダールマン氏は以前にも他者へのコメントで物議を醸したことがあり、ドイツ『スカイ・スポーツ』は今季終了後に同氏を降板させることを決めたようだ。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP