beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今年12人J加入の明治大が入部予定選手発表!クラセンMVPとMIP、得点王、U-18代表候補に高校選抜も

このエントリーをはてなブックマークに追加

青森山田高の日本高校選抜右SB内田陽介明治大へ進学する

 20年関東大学リーグ1部優勝の明治大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、明治大)。

 今年、Jリーグに計12人の4年生を送り出した明大に新たなタレントたちが加わる。日本クラブユース選手権(U-18)大会優勝のサガン鳥栖U-18から同大会MVPのCB永田倖大と同得点王のFW田中禅が加入。DFラインに柱を担った永田は空中戦の強さなどを特長とするCBで、勝負強いFWの田中はU-17日本代表候補にも選ばれている点取り屋だ。

 クラブユース選手権準優勝のFC東京U-18からは、同大会MIPのMF常盤亨太主将が明大へ。球際の強さと運動量を兼ね備え、試合を決定づけるプレーもできるボランチだ。また、名古屋グランパスU-18の攻守にレベル高いCB鷲見星河主将とセレッソ大阪U-18の185cmGK上林豪は、いずれもU-18日本代表候補に選ばれている大器。加えて、ヴィッセル神戸U-18の左SB藤本颯真主将、中盤、最終ラインで鹿島アントラーズユースを支えてきたMF木内達也、そしてジュビロ磐田U-18のパワフルなストライカー、FW馬場惇也もリストに名を連ねている。

 高体連からも注目プレーヤーたちが明大へ。全国高校選手権準優勝の青森山田高(青森)から、ともに日本高校選抜の右SB内田陽介とGK韮澤廉が加入する。内田は右サイドからのクロスやロングスローでゴールを演出する一方、対人守備や空中戦も強い。韮澤は総合力の高い守護神だ。

 また、選手権8強・富山一高(富山)のエースストライカーでしなやかな動きからゴール、アシストを連発するFW吉倉昇空と1年時から強豪・浜松開誠館高(静岡)の10番を背負い、静岡県選抜でもエース格だったMF熊取谷一星、推進力と献身性が魅力のFW中村草太(前橋育英高)も明大で上を目指す。

以下、明治大の入部予定選手
▼GK
上林豪(セレッソ大阪U-18)
韮澤廉(青森山田高)
▼DF
内田陽介(青森山田高)
鷲見星河(名古屋グランパスU-18)
永田倖大(サガン鳥栖U-18)
藤本颯真(ヴィッセル神戸U-18)
▼MF
木内達也(鹿島アントラーズユース)
熊取谷一星(浜松開誠館高)
常盤亨太(FC東京U-18)
▼FW
田中禅(サガン鳥栖U-18)
中村草太(前橋育英高)
馬場惇也(ジュビロ磐田U-18)
吉倉昇空(富山一高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

TOP