beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

立正大入部予定選手発表!選手権優勝の山梨学院GK熊倉、帝京長岡MF川上ら強豪の主軸集結

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊倉匠(山梨学院高)は立正大へ進学する(写真協力=高校サッカー年鑑)

 20年関東大学リーグ1部7位の立正大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、立正大)。

 選手権のヒーローたちをはじめ、注目選手たちが加入する。日本高校選抜GK熊倉匠山梨学院高(山梨)の守護神、主将として選手権で大活躍。3度のPK戦でヒーローになったほか、安定感高いプレーで同校にとって11年ぶりとなる日本一の立て役者となった。

 日本高校選抜MF川上航立帝京長岡高(新潟)の主将、大黒柱として選手権3位に貢献。ハードワークに加えてドリブル、パス、シュートでも違いを生み出し、主役級の活躍をしてのけた。同じく選手権3位・矢板中央高(栃木)の右SB坂本龍汰主将は対人守備や統率力に秀でたプレーヤーだ。選手権ベスト4のうち3チームの主将が立正大へ進学する。

 加えて、矢板中央のエースストライカーFW多田圭佑、ともに選手権8強・市立船橋高(千葉)の堅守を支えた長身シュートセーバーGK細江彦太と対人守備、ヘディング武器のCB菅谷暁輝、山口の名門・高川学園高の中盤でハードワークを続けたMF新山大地主将と中国地方屈指のCB田中誠太郎も加入する。

 選手権不出場組も名門・帝京高(東京)の実力派ボランチMF宮崎海冬主将、大阪桐蔭高(大阪)の大阪屈指のCB田中柊利主将と長身FW森野航、鋭いドリブルからのシュートが特長のFW判治海斗(鵬学園高)、スピードある攻守が武器のDF辻俊哉(中京大中京高)、長身を活かした競り合いの強さと決定力を備えたFW古澤将吾(浦和東高)もリストに名を連ねている。

 Jリーグクラブユースからも、U-16日本代表歴を持つ注目GKジョーンズ・レイ(大宮アルディージャU18)をはじめ、技術力も高い万能型DF小林篤毅(ジュビロ磐田U-18)、鋭い抜け出しからゴールを奪うFW堀井真海(浦和レッズユース)、栃木SC U-18のMF吉野陽翔主将も立正大で上を目指す。

以下、立正大の入部予定選手
▼GK
熊倉匠(山梨学院高)
ジョーンズ・レイ(大宮アルディージャU18)
細江彦太(市立船橋高)
▼DF
新山大地(高川学園高)
田中誠太郎(高川学園高)
辻俊哉(中京大中京高)
小林篤毅(ジュビロ磐田U-18)
田中柊利(大阪桐蔭高)
菅谷暁輝(市立船橋高)
坂本龍汰(矢板中央高)
▼MF
宮崎海冬(帝京高)
川上航立(帝京長岡高)
吉野陽翔(栃木SC U-18)
▼FW
判治海斗(鵬学園高)
森野航(大阪桐蔭高)
多田圭佑(矢板中央高)
堀井真海(浦和レッズユース)
古澤将吾(浦和東高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

TOP