beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

順天堂大入部予定選手発表!日本高校選抜トリオや特長持つタレントたちが加入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW野田武瑠(山梨学院高)は順天堂大へ進学する(写真協力=高校サッカー年鑑)

 20年関東大学リーグ1部3位、#atarimaeniCUPでも3位に入った順天堂大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、順天堂大)。

 日本高校選抜3選手をはじめ、高校年代で活躍したタレントたちが集結した。FW野田武瑠山梨学院高(山梨)の10番を背負い、選手権決勝で華麗な同点ゴール。同校の日本一に貢献し、日本高校選抜にも選出されたテクニカルなアタッカーだ。

 加えて、選手権で3ゴールを叩き出して市立船橋高(千葉)の8強入りに貢献した日本高校選抜左SB木内拓海、29年ぶりの選手権出場、初の全国8強を果たした堀越高(東京)の高さと攻撃力魅力の日本高校選抜CB井上太聖も順大へ進学する。

 日大藤沢高(神奈川)の大黒柱・CB宮川歩己主将と鹿島学園高(茨城)の大黒柱・CB遠藤聖矢主将はいずれも関東トップレベルのヘディンガー。スーパープリンスリーグ九州優勝の大津高(熊本)のDFラインで高い技術力と判断力を発揮していたMF金子遼太郎、抜群の推進力で右サイドを打開するSB本山大器(帝京高)、MF岩井琢朗(東福岡高)はゴール前で決定的な仕事をするアタッカー、そしてMF児山雄基は、タレント軍団・興國高(大阪)の左サイドで攻撃力や身体能力を発揮していたプレーヤーだ。

 Jクラブユースからもクラブユース選手権3位・大宮アルディージャU18の主将を務めた技巧派MF谷口大晟(18年U-16日本代表)、柏レイソルU-18のパワフルレフティーFW清水勇貴清水エスパルスユースの守護神・後藤佑介も順大で挑戦する。

以下、順天堂大の入部予定選手
▼GK
後藤佑介(清水エスパルスユース)
▼DF
本山大器(帝京高)
遠藤聖矢(鹿島学園高)
宮川歩己(日大藤沢高)
木内拓海(市立船橋高)
井上太聖(堀越高)
▼MF
児山雄基(興國高)
金子遼太郎(大津高)
谷口大晟(大宮アルディージャU18)
岩井琢朗(東福岡高)
▼FW
清水勇貴(柏レイソルU-18)
野田武瑠(山梨学院高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

TOP