beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

町田が中島2戦連発弾などで先手奪うも…東京V後半一気の反撃!小池2発でドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.14 J2第3節 町田2-2東京V Gスタ]

 FC町田ゼルビアのホームで行った東京ヴェルディとの一戦は、2-2の引き分けに終わった。町田は3戦負けなし(1勝2分)、東京Vは今季初の引き分け(1勝1分1敗)となった。

 前半、ボールを支配したのは東京Vだったが、町田が効率よく得点した。まずば前半18分、クイックリスタートからロングパスでエリア内に入ったMF長谷川アーリアジャスールの折り返しをFW中島裕希が反転シュートで狙う。前節、1ゴール1アシストの大活躍だった36歳がこの日も得点した。

 さらに町田は前半44分、右クロスのこぼれ球にDF奥山政幸がダイレクトで合わせる。これがGKマテウスの手を弾いて追加点になる。町田が2点をリードして前半を折り返した。

 一方の東京Vは後半開始からルーキーFW佐藤凌我とMF石浦大雅を投入して反撃を試みる。すると勢いは狙い通りに増し、まずは後半18分にFW山下諒也が獲得したPKをFW小池純輝が決めて1点差に詰め寄る。

 そして後半26分には山下のパスを受けた佐藤凌がシュート性のクロスを通すと、ファーサイドに詰めた小池が合わせて同点に追いついた。開幕節で1試合2ゴールを記録した小池がまたもドッピエッタを決めた。

 同点とされた町田は後半34分からFW鄭大世を投入。ホーム戦勝利を目指して勝ち越しゴールを奪いに行く。しかし同43分、FW太田修介の右クロスをMF平戸太貴がスルー。走り込んだ鄭大世が合わせたが、シュートは枠上に外れていく。試合は勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP