beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決定機は互いにバー直撃…相模原のJ2初得点はお預け、2試合連続ドロー「最低限の1」

このエントリーをはてなブックマークに追加

昇格組の相模原は2試合連続ドロー

[3.14 J2第3節 岡山0-0相模原 Cスタ]

J2第3節が14日に行われ、シティライトスタジアムではファジアーノ岡山SC相模原が対戦し、0-0で引き分けた。

 J初対戦となった両者はスコアレスで折り返した後半、互いに攻勢を強めた。岡山は開始早々の1分、GK金山隼樹のロングフィードで抜け出したMF上門知樹が左後方で右足を一閃。意表をついた強烈なロングシュートがゴールに向かったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 相模原は連続でチャンスを迎え、後半5分、MF石田崚真からのクロスにFW平松宗が右足で合わせてネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。その1分後には後方からのフィードで背後を取ったFWホムロがペナルティエリア内に侵入。決定的な形で右足シュートを打ったが、クロスバーをヒットした。

 岡山は後半14分に2枚替えを行い、怪我で出遅れたFWイ・ヨンジェが今季初出場。後半18分にはMF白井永地のパスを受けたDF河野諒祐がクロスを供給し、走り込んだMF徳元悠平がヘッドで合わせる決定機を迎えたが、GK三浦基瑛の好セーブに防がれた。

 互いに交代カードを切りながら一点を目指したが最後までゴールが遠く、スコアレスのまま試合終了のホイッスルが吹かれた。「最低限の(勝ち点)1は積み上げることができた」と三浦文丈監督。昇格組の相模原は2試合連続ドローとなり、J2の舞台での初得点はお預けとなっている。

 一方、岡山はホーム初勝利を逃し、1勝1分1敗。「最後の質がまだまだ足りない」と上門が述べれば、有馬賢二監督は「やろうとしていることは少しずつ形になっている。もう一個精度を上げて、タイミングを合わせないといけない」と課題をみつめた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP