beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「本当に戦う気持ちがあるのか?」…千葉・尹監督が飲水タイムに投げかけた言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季初黒星を喫したジェフユナイテッド千葉

[3.14 J2リーグ第3節 千葉 0-2 秋田 フクアリ]

 あまりにも早い失点。そして、同じような展開からの失点に、指揮官の語気も強まった。「本当に戦う気持ちがあるのか」と――。

 開幕2試合連続ドローで、第3節秋田戦を迎えたジェフユナイテッド千葉。ホームでの一戦に賭ける思いは強かったが、試合開始早々の4分に左サイドから突破を許し、先制点を献上。PA内にはGK鈴木椋大を含めて7人もの選手がいたが、シュートを放ったMF茂平はフリーとなっていた。あっという間の展開に、選手たちも呆然とするしかなかった。

 そして、前半17分には再び左サイドから危機を招く。折り返されたボールを何とかかきだそうとしたものの、クリアボールをMF輪笠祐士に拾われて追加点を奪われた。失点した際、PA内には8人もの千葉の選手がいたが、シュートを放った輪笠はまたもやフリーだった。

 迎えた飲水タイム。尹晶煥監督は選手たちに厳しい言葉を投げかけた。「前半の飲水タイムでかけた言葉は『本当に戦う気持ちがあるのか』。少し呆れるような失点をしてしまった」。特に、この日の試合の入りに対しては納得いかない様子で、「我々に不足している部分」と話している。

「試合に対しての心意気や球際での強さ、精神的に集中する部分は、我々の選手たちにはもっと必要。序盤からしっかり準備した姿を出さないといけなかったが、そこも不足している部分だと思う」

 後半はボールを保持する時間こそ長かったが、効果的な攻撃を仕掛けられず。守備に重心を置いた秋田ゴールをこじ開けられずに0-2のまま、試合終了のホイッスルを聞くことになった。これで、開幕3戦2分1敗。「3試合が終わり、勝ち星を拾えていない。勝ち星を拾えるようにしっかり突き詰めていかないといけない」と話した指揮官は、「内容よりも結果が重要だと思っているので、勝利できないのはもどかしい」と悔しさを滲ませた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP