beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島がサポーター1人に5試合入場禁止処分、岸田社長が声明「あれだけお伝えしたにもかかわらず…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島ヴォルティス

 徳島ヴォルティスは16日、観戦ルール違反者への処分について発表した。

 クラブの発表によると、今月13日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われたJ1第4節の福岡戦で、北ホーム指定席エリアの徳島サポーターから「選手および他の観客に対して不適切な発言と行動をし、会場運営を妨げた行為」が確認されたという。

 対象者1人には3月17日から4月28日に開催されるホームゲーム5試合(リーグ戦・カップ戦)のをはじめ、Jリーグ・Jクラブが主管する全ての試合への入場禁止処分を下している。

 徳島は岸田一宏代表取締役社長の名義で声明を発表。「新型コロナ禍でも、弊クラブにあたたかい応援をいただいている皆様には、大変ご迷惑をおかけし、不愉快な思いをさせてしまいましたこと、誠に申し訳ございませんでした。心より深くお詫び申し上げます。2021新体制発表会でも、あれだけお伝えしたにもかかわらず、一部特定の方の行為が改まらなかったことは、誠に遺憾ではありますが、会場運営はじめクラブ体制の至らなさを痛感しております。今後はクラブ体制を改め、観戦ルール(ヤジ・暴言含む)を遵守いただけない方には厳格な対応で臨む所存です。また、弊クラブが目指します、『安心、安全であたたかい雰囲気のあるスタジアム』づくりを、皆様と共に進めていきたく存じますので、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。皆様のあたたかい応援にお応えできるよう、全力で戦ってまいります」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP