beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京GK波多野とMF安部が規律違反で処分…夜の会食参加が発覚「非常に感染リスクが高い行動」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京GK波多野豪とMF安部柊斗が規律違反で処分

[3.21 J1第6節 東京2-1仙台 味スタ]

 FC東京は21日、GK波多野豪(22)とMF安部柊斗(23)が規律違反を犯したことを発表した。仙台戦は揃ってベンチ外だった。トップチームマネジメント部長の古矢武士氏がオンライン会見に出席し、2選手について今月18日夜に「コロナ感染の可能性がある会食が発覚した」と説明した。

 波多野と安部は新型コロナウイルスの感染防止に関するチームの規則を破り、19日から自宅で謹慎処分を受けている。 「非常に感染リスクが高い行動をとった。彼らが感染していないことが確認出来次第、チームに戻す」と古矢氏。クラブ側がこの情報を受けて事情聴取した結果、2選手が事実を認めた。5日程度の謹慎期間にPCR検査を行い、陰性が確認できた場合、チームに復帰するという。

 波多野は正守護神として開幕から5試合でゴールを守ってきたが、仙台戦は今季初めてGK児玉剛が出番をつかんだ。安部も開幕4試合はフルタイム出場し、5試合に出場してきた主力選手だが、仙台戦は揃ってメンバー外となった。

 長谷川健太監督は「処分が解ければ現場としては使っていこうと思うが、出た選手が良いパフォーマンスをしたので、そういう部分を加味しながら今後はメンバーを決めていきたい」と話した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP