beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分が絶対チームを勝たせたい」の気持ち表現した鹿島ユースの2年生CB梅津龍之介

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島アントラーズユースCB梅津龍之介は東福岡高戦で劇的な決勝点

 鹿島アントラーズユースは、Jクラブユースと高体連の強豪12チームが争ったサニックス杯ユースサッカー大会2021(福岡)で準優勝。CB梅津龍之介(新2年=鹿島アントラーズジュニアユース出身)はディフェンス面での奮闘に加え、山梨学院高(山梨)戦と東福岡高(福岡)戦で2試合連続ゴールを奪う活躍を見せた。
 
 特に東福岡戦のゴールは後半終了間際の劇的な決勝弾。MF小林栞太(新3年)のクロスを跳躍しながらの右足ダイレクトシュートでゴールへ押し込んだ。「『自分が絶対チームを勝たせたい』とこのサニックス杯は意識していたので。『2年生の自分が、3年生も引っ張っていかないといけない』と思っていた」という新2年生のCBは両手を広げて歓喜を爆発。強い思いでチームを勝利へ導いた。

 この試合では、1-1の試合終盤にCBの位置から果敢にドリブルで攻め上がるシーンも。「自分は守備の人間なんですけれども、元々は攻撃の人間だったので。前の選手も足が止まってきていた状況の中で、声というより身体で見せていかないといけない」。個で止めきれなかったシーンがあったことも確か。だが、3位に入った昨年のクラブユース選手権で先発も経験しているCBは、能力の高さと“アントラーズ・スピリッツ”の強さを印象づけた。

「去年のクラブユースの全国大会でもCBでやらせてもらっていて、高いレベルの中でもやれているなという感覚が自分の中であるので、2年目は自分だけでなくて周りも引っ張っていくことを(柳沢)監督からも言われているので、それは意識しています」。破壊力のある動きを見せていた右SB今井啓太ら他の新2年生とともに、チームを押し上げて行く。

 柳沢敦新監督や小笠原満男テクニカルアドバイザーは「ワールドカップのこととか凄く教えてくれる」という。タフに戦うこと、苦しい姿を見せないこと、焦れないことを学んだ。加えて新体制となった今季からはより攻撃面のビルドアップや横の揺さぶりにも注力しているという。ユースチームに昇格してから本格的にCBをスタートした梅津だが、攻守両面で進化。また、甘さがあったというメンタリティーの部分でも成長を続けてきている。

「スタッフのためにも戦っていかないといけない。(自分は)守備の人間ですけれども、CBから攻撃が始まって、CBから守備が始まるような。全部自分中心という訳じゃないですけれども自分が全部動かしてやるような、誰にも似ていないようなCBになりたいです」

 福島県出身。家族の支えもあって「日本一のクラブだと思っている」鹿島で挑戦中の梅津がレジェンドたちから多くを吸収し、「誰にも似ていないようなCB」「アントラーズを勝たせるCB」になる。


(取材・文 吉田太郎)

TOP