beacon

前半32分で0-3も…アーセナルが意地、OG2発&ラカゼット弾でドローに持ち込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルが3点差を追い付いてドロー

[3.21 プレミアリーグ第29節 ウエスト・ハム 3-3 アーセナル]

 プレミアリーグは21日、第29節を行い、アーセナルウエスト・ハムのホームに乗り込み、3-3で引き分けた。

 前半15分に試合を動かしたのはホームのウエスト・ハムだった。左サイドのFWマイケル・アントニオの折り返しを受けたFWジェシー・リンガードが、強烈な右足のシュートを突き刺して、スコアを1-0とした。

 さらに2分後の前半17分には、リンガードのクイックリスタートからPA内に走り込んだFWジャロッド・ボーウェンがネットを揺らして2点目。さらに同32分には、アントニオのヘディングシュートのコース上にいたMFトマシュ・ソウチェクが触れてゴールを陥れ、ウエスト・ハムのリードは3点差に広がった。

 3点のビハインドを背負ったアーセナルは前半38分、右サイドを駆け上がったDFカラム・チェンバースのクロスからFWアレクサンドル・ラカゼットが放ったシュートがソウチェクのオウンゴールを誘い、1点を返す。さらに後半16分には右サイドからチェンバースが送った弾道の低いクロスが、DFクレイグ・ドーソンのオウンゴールを誘って、1点差に詰め寄った。

 オウンゴールによる2点で、あと1点まで詰め寄ったアーセナルの勢いは止まらず。後半37分、FWニコラ・ペペのクロスをラカゼットがヘディングで叩き込み、ついに3-3の同点に追い付く。しかし、その後、勝ち越しゴールは生まれず。3-3のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP