beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東福岡の新10番MF衛藤遥希はどんな時も全力。「チームのためにできることは全てしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東福岡高の10番を背負うMF衛藤遥希

 新10番は常に「全て」を出し尽くす。MF衛藤遥希(新3年=別府FCミネルバU-15出身)は、“赤い彗星”こと東福岡高(福岡)の新チームで10番を背負っているMFだ。

 昨年はMF上田瑞季主将、一昨年は鹿島で活躍中のMF荒木遼太郎主将と中心選手が受け継いできた「10」。1年生チームでも10番を背負っていた衛藤は、「(10番を)着ても、着なくても試合でしっかりプレーを示すつもりだった」と語るが、Aチームの「10」によって意識がより高まったことは間違いない。

「今までの(10番を背負った)先輩たちもチームがシンドい時や、最後勝ち切るところでチームを引っ張っていたので、自分もそこに追いつき追い越せるようにチームの中心、先頭になって引っ張っていきたい。チームが勝つために一番自分が走ってハードワークするだったり、どんな場面でもチームを鼓舞したり、チームが辛い時に立て直すことをやっていきたいです」と力を込めた。

 特長は献身的な守備とチャンスメーク。主にシャドーの位置でプレーする衛藤は前線の選手を動かして自分のところでボールを奪い、そこからのパスでチャンスを広げる。昨年はなかなかAチームに絡めなかったが、その中でゲームの質を高めること、周りを見る力などを磨いてきた。 今年は、レベルアップさせてきた部分や特長を活かして勝利に貢献するだけだ。

「自分はゴール前のドリブルとかテクニックとか無いので、高さや、球際だったり、自分ができることで絶対に負けないで、チームのプラスになりたい。チームのためにできることは全てしたい。試合に出たら全部発揮する」と意気込んだ。課題の得点力向上にも挑戦中。まずはどの試合でも自分のやるべきことを全て出し切ることに集中し、チームが勝つための力になる。

(取材・文 吉田太郎)

TOP