beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保も三笘も不発…沈黙のU-24日本代表、アルゼンチンに手も足も出ずに完敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)

[3.26 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本0-1U-24アルゼンチン 東京]

 U-24日本代表は26日、東京スタジアムで開催された「SAISON CARD CUP 2021」でU-24アルゼンチン代表と対戦。前半21分にアルゼンチンに先制を許した日本は、同点ゴールを奪うことができずに0-1の完封負けを喫した。「SAISON CARD CUP 2021」は2試合行われ、2試合目は29日に北九州スタジアムで開催される。

 システムは4-2-3-1を採用し、GKに大迫敬介(広島)、4バックは右からDF菅原由勢(AZ)、DF渡辺剛(FC東京)、DF板倉滉(フローニンゲン)、DF旗手怜央(川崎F)が並ぶ。中盤はMF渡辺皓太(横浜FM)とMF中山雄太(ズウォレ)がドイスボランチを組み、2列目は右からMF三好康児(アントワープ)、MF久保建英(ヘタフェ)、MF三笘薫(川崎F)が並び、1トップにはFW田川亨介(FC東京)が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 なお、対戦相手のアルゼンチンは五輪南米予選を1位で通過し、東京五輪出場権を獲得している。

 前半7分に日本は危機を迎える。左サイドをFWアドルフォ・ガイチにえぐられ、クロスボールをニアサイドのMFフェルナンド・バレンスエラにヘッドで合わせられるが、シュートはクロスバーを叩いて難を逃れる。その後もアルゼンチンの勢いに押されると、同19分にはMFアグスティン・ウルシのパスからPA内に侵入したバレンスエラにフィニッシュに持ち込まれる。またもやシュートはクロスバーに弾かれて、失点を逃れたものの前半21分に先制点を献上。

 PA内までボールを運んだMFマティアス・バルガスに板倉が対応するも、クロスボールを上がられると、ガイチにヘディングシュートでゴールを陥れられ、スコアを0-1とされてしまう。

 なかなか攻撃の形を作れない日本。敵陣までボールを運んでも、アルゼンチンの激しい対応に遭ってアタッキングサードまで到達できない。前半32分には田川がPA外から強烈な右足のシュートを放ったが、わずかに枠上に外れてしまった。

 0-1のまま後半を迎えても流れは変わらない。日本はボールを保持しても効果的な攻撃を仕掛けられず、球際での勝負に勝るアルゼンチンを攻略できない。後半21分には日本ベンチが動き、三笘と旗手に代えてMF相馬勇紀(名古屋)とDF古賀太陽(柏)をピッチへと送り込む。

 後半25分には相馬、久保とつないだボールのこぼれ球を拾った田川がPA内から狙うも、シュートは相手選手にブロックされてしまう。同32分には田川に代えてFW食野亮太郎(リオ・アベ)を投入。同35分には食野の落としに反応した久保が右足シュートを放ったが枠を捉え切れず。同42分には三好に代えてFW林大地(鳥栖)を投入し、最後まで同点ゴールを狙ったものの、日本に得点は生まれず。0-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

(取材・文 折戸岳彦)

TOP