beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「心に来た」内田篤人“コーチ”の言葉。決勝点の日本高校選抜FW福田師王は“日本を背負う選手“へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜FW福田師王(神村学園高)は決勝点を決めた

[3.27 練習試合 U-18日本代表候補 1-3 日本高校選抜 Jヴィレッジスタジアム]

 日本高校選抜は新2年生のFW福田師王(神村学園高)が決勝点となるゴールを挙げた。1-0の3本目3分、福田は相手GKのミスを逃さずにボールを奪い、左足でゴール。このゴールは普段から意識していることが実になって生まれた1点だ。

「最後まで諦めないでボールを追った結果だと思います。(普段から)最後ボールをGKにキャッチされたり、外に出るまで追い続けることを意識している」。完全に届かないような距離でも、可能性を信じてGKにプレッシャーを掛ける。そのスプリントがゴールに繋がることはほとんどないが、福田はこの日も走り、決勝点をもたらした。

 この日は細かな切り返しを交えたドリブルからシュートを放ったほか、右サイドへ開いてから崩しに係るシーンもあった。特長のバネを活かしたヘッドこそなかったものの、献身性を発揮する形で1得点。これからメンバー入りを目指すU-18代表候補相手に結果を残した。

 昨年、初招集されたU-17日本代表で活躍。神村学園高(鹿児島)でも結果を残し続けて日本高校選抜にも選出された。非常に負けず嫌いな性格。日本高校選抜のラストゲームでゴールを決めたが、本人は「背後に抜けることだったり競り合いは勝てたんですけれども、収める部分で攻撃の起点になることが全然できなかったので改善したい」と悔しがる。

 U-18代表候補に食い込むため、そして“日本を背負うような選手”になるためにやるべきことは多いと感じている。「自分の世代、1個、2個上の代表に入りたいと思っていた。でも課題は多いです。(差を感じたのは)フィジカルが一番でした。止める・蹴るの質の高さ、全て違いました」。これからまた努力を続け、自分でシュートまで持ち込む力、決め切る力、フィジカル、質も高めていく。

 試合終了後、日本高校選抜の選手たちはU-18日本代表候補帯同中の内田篤人ロールモデルコーチから。エールを受けた。福田は「内田さんは(清水東高時代に)選手権に出られず、悔しい思いをしたと。これから日本を背負って頑張って欲しいと。心に来ましたね」。21年日本高校選抜でのラストゲームを終えたストライカーは、意欲を新たにしていた。

「自分一人で打開して、得点できる選手になる」。結果に満足することなく“日本を背負う選手”になるための努力を続ける。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP