beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

北九州が5戦目で待望の今季初白星! 群馬は猛抗議むなしく1人退場で数的不利に…無念の3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.28 J2第5節 群馬 0-2 北九州 正田スタ]

 J2リーグは28日に第5節を行い、ギラヴァンツ北九州ザスパクサツ群馬に2ー0で勝利した。

 試合は前半35分に一時騒然となった。北九州FW富山貴光のヘディングシュートを群馬MF中山雄登がブロック。直後に柿沼亨主審は笛を鳴らし、中山にハンドの判定でレッドカードを提示した。胸上部に当たったと中山ら群馬の選手は主張するも、判定は覆らず。PKを得た北九州は富山がPKを止められるも、DF永田拓也が押し込んで先制点を奪取した。

 北九州は前半を1-0で折り返すと、数的優位の中で後半16分に追加点。MF針谷岳晃が中盤から浮き球のスルーパスを放つと、最前線のMF高橋大悟が反応する。飛び出したGK松原修平をかわし、高橋は無人のゴールに流し込んだ。

 試合はそのまま終了し、北九州が待望の今季初勝利。数的不利で苦しんだ群馬は一矢報いることもできず、無念の3連敗となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP