beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“一歩リード”のMF板倉滉が2発「建英のボールを決められてよかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表MF板倉滉

[3.26 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本 3-0 U-24アルゼンチン 北九州]

 MF久保建英(ヘタフェ)とたった2人だけの2試合連続先発起用に燃えた。1戦目にCBとして出場したMF板倉滉(フローニンゲン)が、この日はボランチで先発。川崎Fの下部組織時代からの後輩である田中碧とコンビを組み、強豪のアルゼンチンに逆襲を浴びせるとともに、セットプレーでは久保のキックから2得点を挙げ、3-0の勝利に大きく貢献した。

 3日前に0-1のスコアながら完敗を喫した相手に一矢報いた。立ち上がりからアルゼンチンの激しい当たりに対して、日本も負けじと応戦。板倉は「前の試合に負けているし、東京五輪で金メダル以外取りたくない。強豪相手に勝っていかないといけないという気持ちがプレーに現れた」と胸を張った。

 小学生のころから知っていたという2学年下の田中とのコンビが冴えた。「碧はボールを持てる選手で、チーム内にボールを回してくれる。基本的には碧が真ん中に入って、僕はなるべくボランチとDFの間に立つことを意識した」。板倉は身長187センチ。最終ラインより一列前に位置することで、高さがより際立ち、「相手が嫌がっていた」(板倉)という。

 守備で高さを生かすことに成功するとともに、攻撃でも高さを生かした。前半終了間際の45分にFW林大地(鳥栖)の先制点が決まり、日本が1-0で折り返した後半。同23分、同28分と立て続けにCKからヘディングシュートを決めて試合の行方を決めた。

「まずは建英からすごく良いボールが入ってきたのと、相手のマークが僕に激しくつかみかかっていたので、僕と相手の選手の間に1人入ってブロックしてもらって、自分の走るコースができた。建英からの良いボールをゴールにつなげられてよかった」

 五輪代表のメンバーは18枠。23枠があるW杯に比べて5枠少なく、複数のポジションができる選手の優位性はW杯以上になる。代表選考に関しては2試合連続の先発起用そのものが“一歩リード”を示すと考えられるが1戦目にCB、2戦目にボランチとしてプレーした価値は大きい。

「自チームに帰ったところで個々でレベルアップして、また集まれればいい」と7月の東京五輪本番を見据えた。

(取材・文 矢内由美子)

TOP