beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英の2アシストにスペイン紙「芸術作品だ」バルサレジェンドに例えられた日本人選手も

このエントリーをはてなブックマークに追加

2アシストを記録したMF久保建英

 スペイン『アス』が29日、同日のU-24アルゼンチン代表との国際親善試合(○3-0)で2アシストを記録したU-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)に対し、絶賛の言葉を送った。

 この試合にトップ下で先発出場した久保は1-0の後半23分、左CKから左足で鋭いクロスを供給。相手に競り勝ったDF板倉滉(フローニンゲン)が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、追加点を挙げた。

 後半28分にも久保の左CKから板倉がマークを外して頭から飛び込み、再び豪快に決めてダメ押しの3点目を奪取。日本は26日の同対戦で0-1の完封負けを喫したアルゼンチンに対し、3-0の快勝で借りを返した。

 スペイン『アス』は「アルゼンチン戦でのクボの2アシスト」と題して動画を掲載し、「この日本人選手は、アルゼンチン戦でチームメイトのコウ・イタクラが痛烈な2ゴールを決めるため、2つの同じボールをエリア内に送った」と紹介。さらに次のようにレポートしている。

「U-24日本代表は、アルゼンチンとの親善試合第2戦で圧勝した。タケ・クボはセットプレーで輝きを放ち、コウ・イタクラがより完璧なプジョルスタイルでアルゼンチン人を置き去りにするための素晴らしい2アシストを記録した」

 同紙は久保とともに、板倉もバルセロナのレジェンドである元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏に例えて称賛。「わずか5分以内に生まれた2つのゴールが似ていたのも印象的だった。クボの打撃とイタクラのヘディングは両方とも芸術作品だ」と締めくくった。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP