beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

焦りもあった活動停止、待ち望んだ試合再開…G大阪DF昌子源が無失点牽引「プラスに捉えていい勝ち点1」

このエントリーをはてなブックマークに追加

無失点に貢献したガンバ大阪DF昌子源

[4.3 J1第7節 広島0-0G大阪 Eスタ]

 新型コロナウイルスの集団感染による活動停止から明けたガンバ大阪が3日、J1第7節のサンフレッチェ広島戦で35日ぶりの公式戦再開を迎えた。結果は0-0のドローで、今季初の勝ち点1を奪取。試合後、DF昌子源は「後ろの選手だけでなく、前の選手からの守備もあったし、チームで勝ち取った、プラスに捉えていい勝ち点1」と振り返った。

 G大阪では3月上旬以降、選手6人・チームスタッフ2人が新型コロナウイルスに感染。6試合の公式戦中止を強いられた。約2週間の活動停止中はチーム練習もできず、選手たちはおのおのの自宅でトレーニングを実施。再開後に急ピッチで身体作りを行い、この日は2月27日の開幕節・神戸戦(●0-1)以来35日ぶりの公式戦となった。

 昌子はこの間の心境を次のように明かした。

「活動中止しているときに他のチームの試合をDAZNで見ることがあったけど、焦りが僕自身もチームにもあった。ただ再開してからは不安はあったけど、サッカーができる喜び、サポーターにサッカーを見てもらう喜びを感じながら練習をできていた。モチベーション高く、良い気持ちで、焦りがピッチに出ずにこの試合に臨むことができた」。

 そうして迎えた試合は序盤こそ一進一退の攻防を展開したものの、後半は広島に主導権を握られる苦しい展開。コンディション面の苦しさは明らかだった。それでも、ピンチの場面では昌子、GK東口順昭、DF三浦弦太といった日本代表経験者の並ぶ守備陣が絶大な安定感を見せ、今季無敗の広島を90分間シャットアウト。待ち望んでいた今季初の勝ち点をもぎ取った。

「広島は素晴らしいチームだし、日本人アタッカーも素晴らしい選手が多い中、ゼロを意識しながらやれた。2週間準備がなかったので、非常に苦しい時間が増えることは予想していたので、苦しい時間こそチームで守ろうと話していた」。

 試合をそう振り返った昌子はこの一戦の意義にも言及。「サポーターの皆さんにコロナの期間中にも応援メッセージもいただいたし、サポーターのためにも勝ちたかったけど、サッカーをしている姿、コロナに負けずに頑張っている姿を見せることが大事だった。そうした姿を見せられたことが幸せなこと」と喜びを語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP