beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

4番で、レフティで、キャプテンマーク。柏U-18DF田中隼人が志す『柏から世界へ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏レイソルU-18のディフェンスリーダー、DF田中隼人

[4.3 プレミアリーグEAST第1節 横浜FCユース 1-0 柏U-18 保土ヶ谷]

 決して強がりではなく、敗戦の中でも確かに掴んだ手応えを口にする姿に、同じ番号を背負っていた先人の姿が重なる。「今日の結果は全然マイナスに捉えていなくて、点は獲れなかったですし、失点もありましたけど、自分たちは実際にピッチの上で凄く良いものがあって、攻撃のバリエーションも増えているので、3-1-4-2もいいかなと思っています」。4番で、レフティで、キャプテンマーク。柏レイソルU-18のディフェンスリーダー。田中隼人(3年)に掛かる期待は、決して小さくない。

 188センチの長身がピンと背筋を伸ばし、右へ左へとボールを配っていく。今シーズンから就任した酒井直樹監督の元、3-1-4-2のシステムを採用している柏U-18の中で、3バックの中央を任されているのが田中だ。「インテルが一番多いですけど、攻撃の仕方、ビルドアップの仕方、ゲームの組み立て方をみんなで見て、学んでいます」。

 現在はセリエAの強豪が採用しているシステムに取り組む過程。「今日も最初の方はボールを持って、中を突いたり、ワイドから攻めたり、自分たちのサッカーができたと思うんですけど、飲水タイム明けになってボールを持たれて、前から行くことで自分の背後が空いた所を使われてしまって、揺さぶられたことで誰がマークに付くかわからなくなって、失点したという、ゲームの作り方が問題だったと思います」と試合後すぐに冷静な分析をできるあたりに、サッカーIQの高さが垣間見える。

「監督が変わって、システムからポジションからいろんな選手が変わっていますけど、正直やりがいがあるというか、さらに新しい攻撃的なスタイルにチャレンジすることで、戦術だったり攻撃の仕方、守備の仕方が自分の中で広がったし、みんなのこれからにも繋がるので、3バックをやることは、いろいろな意味で大きいかなと思います」。新たなことに取り組むのは大いに歓迎。自分の、そしてチームの幅を広げることにも貪欲だ。

 今シーズンは大和優槻(3年)と、2人体制でキャプテンを務めるとのこと。レイソルのアカデミーで過ごした6年間の集大成。このグループを牽引し続けることで、自身の夢も引き寄せる準備は整っている。「今日は負けてしまいましたけど、僕たちはプレミア優勝を第一の目標としていて、個人としてもトップチームに昇格して、いろいろな人に注目されるような、まず自分の名前を知ってもらえるようなプレーをして、年代別代表やもう1個上の代表を目指しています」。

 4番で、レフティで、キャプテンマーク。これはアカデミーの先輩に当たる中山雄太(ズウォレ)が、高校3年時に置かれていたシチュエーションとまったく同じ。思い描くのは『柏から世界へ』。また楽しみな逸材が、日立台から飛び出してきた。

(取材・文 土屋雅史)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP