beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

逃げ切った磐田、今季初の完封勝利!! ルキアンの技あり弾で岡山を撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.4 J2リーグ第6節 岡山 0-1 磐田 Cスタ]

 J2リーグは4日、第6節を開催し、シティライトスタジアムではファジアーノ岡山ジュビロ磐田が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半4分にFWルキアンの得点で先制した磐田が1-0の完封勝利を収めた。

 ホームの岡山は3月28日の第5節山形戦(○1-0)から先発1人を入れ替え、FW山本大貴らを先発起用。一方、アウェーの磐田は第5節山口戦(●1-2)から先発3人を入れ替え、FW大津祐樹、DF大井健太郎、GK三浦龍輝らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 ともに好機を生かせずに0-0のまま前半を折り返すと、後半4分に磐田が先制に成功。大井のロングフィードから抜け出したルキアンが、MF松本昌也とのパス交換で岡山守備を攻略しようとする。一度は相手選手に阻まれたものの、こぼれ球に走り込んだルキアンがPA外から右足の狙いすました巧みなシュートでゴールを陥れ、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った岡山は後半26分、FW川本梨誉とMF木村太哉を投入して状況を打開しようと試みる。同32分にはF上門知樹が直接FKでゴールを脅かしたものの、ボールはわずかに枠左に外れてしまった。

 その後も岡山に同点ゴールは生まれず。逃げ切った磐田は1-0で、今季初となる完封勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP