beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]名古屋U-18が鳥栖U-18を4-0撃破!G大阪ユースFW坂本が1試合4発!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンバ大阪ユース東福岡高。後半34分、G大阪FW坂本一彩がこの日3点目となるゴール

 4日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 WESTが開幕した。第1節1日目の4試合が行われ、名古屋グランパスU-18サンフレッチェ広島ユースジュビロ磐田U-18、そしてガンバ大阪ユースが白星発進した。

 19年のプレミアリーグWEST優勝チーム・名古屋は、20年クラブユース選手権優勝のサガン鳥栖U-18に4-0で快勝。前半22分にU-16日本代表候補FW真鍋隼虎のゴールで先制すると、35分にMF齊藤洋大がPKを決め、後半にもU-17日本代表MF豊田晃大と真鍋が加点した。

 広島はFW高柳英二郎の2ゴールとU-16日本代表候補FW森夲空斗のゴールによってヴィッセル神戸U-18に3-0で快勝。磐田は交代出場FW舩橋京汰のラストパスをFW西村日陽が決め、1-0で京都サンガF.C.U-18に勝った。

 そして、東福岡高(福岡)と対戦したG大阪は、U-16日本代表FW南野遥海のPKで先制点。東福岡もCKのこぼれ球をFW佐川玲史が押し込んで同点に追いついたが、G大阪はゲーム主将のMF浅野直希のスルーパスからU-18日本代表候補FW坂本一彩が決めて突き放す。坂本は後半にも3得点を加えて1試合4発の大活躍。G大阪が5-2で白星を収めた。

 なお、3日に開催予定だったセレッソ大阪U-18大津高(熊本)は延期されている。

【第1節】
(4月4日)
[トヨタスポーツセンター(天然芝)]
名古屋グランパスU-18 4-0 サガン鳥栖U-18
[名]真鍋隼虎2(22、70分)、齊藤洋大(35分)、豊田晃大(54分)

[いぶきの森球技場Cグラウンド(人工芝)]
ヴィッセル神戸U-18 0-3 サンフレッチェ広島ユース
[広]高柳英二郎2(26、55分)、森夲空斗(66分)

[京都サンガF.C. 東城陽グラウンド]
京都サンガF.C.U-18 0-1 ジュビロ磐田U-18
[磐]西村日陽(80分)

[OFA万博フットボールセンター グラウンドA]
ガンバ大阪ユース 5-2 東福岡高
[G]南野遥海(12分)、坂本一彩4(41、76、79、84分)
[東]佐川玲史2(17、85分)

(未定)
[未定]
セレッソ大阪U-18(未定)大津高

※日程はJFAより。
▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP