beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

福岡がトップチーム2選手がコロナ陽性判定…感染経路は不明

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビスパ福岡は5日、トップチーム選手2名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 クラブの発表によると、当該選手Aは3日の夜、Jリーグ公式検査にて陽性の可能性が非常に高いとの連絡を受け、翌4日に医療施設にてPCR検査を実施し、同日に陽性と診断された。

これを受けて4日、5日にトップチーム選手及びチーム関係者を対象に医療機関にてPCR検査を行ったところ、新たに選手1名が陽性診断を受けたという。当該選手Bは4日に陽性との診断を受けたが、前日のJリーグ公式検査では陰性だった。

 当該選手A、Bは発熱などの体調不良の症状は出ていなかった。また、管轄保健所の指導のもと当該選手A、Bの行動履歴の確認をしたが、感染経路はわかっていない。

なお、2選手を除いた全員が陰性判定で、症状を訴えている者はいない。管轄保健所より弊クラブの選手、チームスタッフのなかに「濃厚接触者なし」の判断を受けたことを併せて報告。今後のトレーニングについては「管轄保健所の指導のもと施設の消毒を行い、改めて選手およびチーム関係者全員に継続的な感染症対策の周知と徹底をはかり、チーム活動を行ってまいります」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP