beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C大阪が選手1名、関係者1名の新型コロナ陽性診断を発表…6日のJ1第8節横浜FM戦は開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪で選手1名、関係者1名が新型コロナ陽性診断

 セレッソ大阪は5日、4日にトップチーム選手1名、5日にトップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを発表した。

 当該選手1名については、3日に検体採取したPCR検査で翌日4日に陽性判定。同日病院で再び検査した結果、陽性診断を受けた。同選手は4日の朝から発熱、頭痛、倦怠感の症状があり、現在は自宅で静養し体調回復に努めているという。

 また、当該のトップチーム関係者については、4日に選手1名に陽性診断が出たことを受けて行ったトップチーム全選手およびトップチーム関係者対象のPCR検査の結果、陽性と診断。現在は体調不良、発熱などの症状はないという。

 なお、Jリーグのガイドラインに沿って選手3名を濃厚接触疑い者としており、今後は保健所による濃厚接触者の判定等、保健所の指導に沿って適宜対応していくとした。

 6日のJ1第8節・横浜FM戦については、当該選手1名、当該関係者1名および今後保健所より特定される濃厚接触者を除き開催を予定。保健所からの濃厚接触者の特定が間に合わない場合は、当該選手1名、当該関係者1名および濃厚接触疑い者3名を除いての開催を予定している。

 クラブは「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染防止策の周知、徹底をはかって参ります」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP