beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和が今季初の2連勝!! 岩波豪快ヘッド&杉本鮮やかボレーで清水撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

完封勝利の浦和レッズが今季初の2連勝

[4.7 J1リーグ第8節 清水 0-2 浦和 アイスタ]

 J1リーグ7日、第8節を開催し、IAIスタジアム日本平では清水エスパルス浦和レッズが対戦。前半40分にDF岩波拓也のゴールで浦和が先制すると、後半45分にFW杉本健勇が加点し、2-0の完封勝利を収めて今季初の2連勝を飾った。

 ホームの清水は4日の第7節徳島戦(●0-3)から先発6人を入れ替え、FWディサロ燦シルヴァーノ、MF中山克広、MF中村慶太、MF宮本航汰、DF奥井諒、DF原輝綺らを先発起用。前節・鹿島戦で4試合ぶりの白星を獲得した浦和は同試合から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤から浦和がボールを保持して試合を進めるが、清水守備を攻略し切れずになかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。一方の清水は同33分、高い位置でのパスカットを成功させ、最後はPA内まで持ち込んだ中山が右足で狙うも、シュートはゴール左に外れた。

 すると、前半40分に浦和がセットプレーから先制に成功。DF山中亮輔がCKを蹴り出すと、岩波が強烈なヘディングシュートでネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1-0のまま後半を迎えると、同9分に清水ベンチが動き、DFヴァウドに代えてDFエウシーニョ、ディサロに代えてFW後藤優介を投入。さらに同16分にはMF鈴木唯人とMF河井陽介をピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。同33分には後藤の落としを受けた鈴木がゴールを強襲するも、GK西川周作に弾き出されてしまった。

 すると、後半45分、左サイドからMF伊藤敦樹が送ったクロスを杉本が鮮やかな右足ボレーで沈めてダメ押しゴール。浦和が2-0の完封勝利を収めた。敗れた清水は今季初の2連敗を喫することになった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP