beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

明治敗れる…天皇杯東京都予選学生系の部代表は法政と駒澤に

このエントリーをはてなブックマークに追加

駒澤大はFW土信田悠生の2ゴールの活躍で明治大を下した

 天皇杯予選となる第26回東京都サッカートーナメント学生系の部3回戦が7日に行われ、駒澤大法政大が勝ち上がりを決めた。

 第1試合では駒澤大が明治大に3-1で勝利。10番FW土信田悠生(4年=高川学園高)が2ゴールを決める活躍をみせた。また第2試合では法政大が青山学院大に5-0で快勝した。

 この結果、勝者2チームは4月18日に社会人系の部代表の2チームと準決勝を戦うことが決定。駒澤大はクリアソン新宿と、法政大は東京武蔵野ユナイテッドFCと対戦し、勝者は5月9日に行う東京都代表決定戦に進出する。
●第101回天皇杯特集ページ

TOP