beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関東学院大新入部員、開幕戦ベンチ入りの堀金、中田、佐藤に加えて高校選抜、代表候補の名手たちが加入

このエントリーをはてなブックマークに追加

大型FW堀金峻明(九州国際大付高)は関東学院大へ進学した

 20年関東大学リーグ2部5位の関東学院大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、関東学院大)。

 開幕戦でFW堀金峻明(九州国際大付高)とMF中田舜貴(徳島市立高)、DF佐藤大翔(横浜創学館高)の3人がベンチ入り。堀金はスピードに乗った抜け出しと高さが武器のストライカーで、徳島市立(徳島)で主将を務めた中田はゲームの流れを読む力とチャンスメークに秀でたMFだ。また、佐藤大は183cmの長身CBで後方でのゲームメークを特長とする。

 選手権16強・帝京大可児高(岐阜)のMF小宅空大主将は、日本高校選抜に名を連ねた実力派のボランチ。DF渡邉浩章(徳島市立高)は抜群の跳躍力とフィジカルの強さを持つストッパーで、チームメートの189cmGK岩本侑真とともに関学大へ進学する。

 MF松永響は選手権16強・東福岡高(福岡)を支えたアンカー。長身CB千代島瞬とともに進学する。また、高体連からは東京屈指のエアバトラー・CB佐藤イライジャ(大成高)、気の利いた攻守光るMF田中満斎(長崎総合科学大附高)、長身ストッパーのDF加藤俊介(清水桜が丘高)、鹿島学園高(茨城)のドリブラー・MF土井紅貴、埼玉上位のGK坂本涼太(狭山ヶ丘高)、ボランチの位置で奮闘するMF工藤寛斗(厚木北高)もリストに名を連ねている。

 Jクラブユース勢では、サンフレッチェ広島ユース(広島)で10番を背負ったMF福崎伶青北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道)のU-17日本代表候補FW大和蓮と主将のDF工藤亘平が加入。MF小川雄一郎(清水エスパルスユース)も技術力の高いプレーヤーだ。

 また、いずれもサイズ感のあるFW後藤佑太(アビスパ福岡U-18)とFW梅津光(モンテディオ山形ユース)、FW工藤瑠依(レノファ山口FC U-18)、サイドからゴールへ迫るMF小林蓮士(アスルクラロ沼津U18)、そして“街クラブの雄”三菱養和SCユース(東京)のサイドアタッカーMF仙北颯音と182cmのGK清水理、JFAアカデミー福島U-18(静岡)のGK大嶋優斗も関学大で力を磨く。

以下、関東学院大の入部予定選手
▼GK
坂本涼太(狭山ヶ丘高)
岩本侑真(徳島市立高)
大嶋優斗(JFAアカデミー福島U-18)
清水理(三菱養和SCユース)
▼DF
工藤亘平(北海道コンサドーレ札幌U-18)
渡邉浩章(徳島市立高)
千代島瞬(東福岡高)
加藤俊介(清水桜が丘高)
佐藤大翔(横浜創学館高)
佐藤イライジャ(大成高)
▼MF
松永響(東福岡高)
小宅空大(帝京大可児高)
小林蓮士(アスルクラロ沼津U18)
中田舜貴(徳島市立高)
田中満斎(長崎総合科学大附高)
仙北颯音(三菱養和SCユース)
福崎伶青(サンフレッチェ広島ユース)
工藤寛斗(厚木北高)
小川雄一郎(清水エスパルスユース)
▼FW
土井紅貴(鹿島学園高)
大和蓮(北海道コンサドーレ札幌U-18)
堀金峻明(九州国際大付高)
梅津光(モンテディオ山形ユース)
工藤瑠依(レノファ山口FC U-18)
後藤佑太(アビスパ福岡U-18)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

TOP