beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユベントスDFダニーロ「今季は4位以上が現実的な目標」来季のCL出場権獲得に照準

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスDFダニーロ

 ユベントスのブラジル代表DFダニーロが「今季ユーべの現実的な目標は4位以内」と語っている。

 現地時間7日、延期となっていたセリエA第3節ユベントスvsナポリの一戦が行われた。前半13分にクリスティアーノ・ロナウドが先制点を決めると、ユベントスは73分にパウロ・ディバラが追加点をマークし、リードを2点に広げた。90分にPKで1点を返されたものの、2-1でユベントスがナポリを下している。

 ユベントスは順位的に直接的なライバルであるナポリを下し、勝ち点を59に伸ばした。首位インテル(勝ち点71)との勝ち点は12差となっており、2位ミラン(60)、4位アタランタ(58)、5位ナポリ(56)と、セリエAは2位~5位まで4チームが勝ち点4差の中にひしめき合っている状況となる。

 ナポリ戦終了後、ダニーロは『スカイスポーツ』に対して「重要なゲームを勝つことができた」と安堵のコメントを発している。

「このようにハードワークを続けて、勝ち点3を積み重ねていかなければいけない。この試合は本当に重要な一戦だったが、勝つことができて良かったよ」

「結局のところ、一貫して自分たちの持ち味を出し続けることが優れたチームと言えると思う。今季僕らは苦戦を余儀なくされているけど、引き続きチームがすべきことに集中していく必要があるだろうね」

 一方で今季、勝ち点の取りこぼしが多かったことについては悔やんでいる様子で「今季は勝ち点3を順調に積み重ねていたら、おそらく今はスクデットを争っていただろう」と語った。

「僕らは今、来季のUEFAチャンピオンズリーグに出場できるよう、4位以内のポジションを目指して戦っている。それが現実的な状況だと思う。常にクオリティを示し、そこに向けて毎週戦っていく必要がある」

●セリエA2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP