beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ四国]徳島ユースは8発大勝!徳島市立と今治東は3-3のドロー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 10日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2021 四国第2節の3試合が行われた。

 高知高(高知)と愛媛FC U-18(愛媛)の一戦はスコアレスドロー決着。リーグ3連覇を狙う徳島ヴォルティスユース(徳島)は、FW鶴田剛生の2発を含む8ゴールを奪って高知中央高(高知)に大勝。徳島市立高(徳島)は今治東中等教育学校(愛媛)に一時2点をリードされながら、終盤にMF佐藤秀一のゴールで3-3と追い付き、勝ち点1を拾っている。

【第2節】
(4月10日)
[無観客のため会場非公開]
高知高 0-0 愛媛FC U-18

[無観客のため会場非公開]
高知中央高 1-8 徳島ヴォルティスユース
[高]松木佑太(8分)
[徳]鶴田剛生2(10、15分)、谷聖己(32分)、京野優士(55分)、オウンゴール(64分)、松村駿佑(78分)、片山寛人(83分)、オウンゴール(89分)

[無観客のため会場非公開]
徳島市立高 3-3 今治東中等教育学校
[徳]藤島涼介(48分)、秋月大和(67分)、佐藤秀一(90分)
[今]三好憂(11分)、オウンゴール(22分)、十亀良幸(49分)

(未定)
[未定]
尽誠学園高(未定)大手前高松高

[未定]
カマタマーレ讃岐U-18(未定)四国学院大香川西高

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

TOP