beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビーレフェルトで選手1人が新型コロナ陽性判定…堂安と奥川は陰性に

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF堂安律とMF奥川雅也が所属するビーレフェルト

 MF堂安律とMF奥川雅也が所属するビーレフェルトは10日、FWセルヒオ・コルドバに新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたことを発表した。

 クラブは感染経路について、「コルドバがプライベートで訪れた公共の医療機関で感染した可能性が高い」とコメント。同選手とその濃厚接触者のMFラインホルト・ヤボに現在隔離の措置が取られているという。

 なお、PCR検査の結果、コルドバ以外のすべての選手、コーチングスタッフ全員が陰性だったことを報告。クラブは、「ドイツサッカーリーグ機構の衛生管理の一環で、毎日定期的に検査を実施したことで早期に発見することができた。必要な措置を直ちに講じることができたことを嬉しく思う」とコメントしている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP