beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]流経大柏との全勝対決制した清水ユースと青森山田が開幕3連勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高清水エスパルスユース

 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021 EASTは18日、第3節2日目の4試合を行った。

 ともに開幕2連勝同士の流通経済大柏高(千葉)対清水エスパルスユース(静岡)戦は、序盤から流経大柏がハイプレスとショートコンビネーションによる崩しなどで決定機を連発する。だが、清水ユースGK福井レオナルド明がゴールを死守。逆に清水ユースは前半33分、MF金子星太が獲得したPKをFW千葉寛汰が決めて先制する。流経大柏は前半ラストプレーで左SB橋本清太郎のクロスをMF松本洋汰が仕留めて同点。逆転を狙って後半も攻めて決定機を作ったが、それを凌いだ清水ユースは24分、千葉のスルーパスで抜け出した金子が右足で決勝点を決めて2-1で競り勝った。

 前節、市立船橋高(千葉)に9-0で大勝した青森山田高(青森)は、横浜FCユース(神奈川)と対戦。後半13分、MF藤森颯太のラストパスをFW名須川真光が決めて先制すると、31分にもMF松木玖生主将のアシストからDF多久島良紀がヘディングシュートを決めて開幕3連勝としている。

 ともに今季未勝利の大宮アルディージャU18(埼玉)対柏レイソルU-18(千葉)戦は、FW{{升掛友護}の2ゴールと10番MF湯之前匡央のゴールによって柏U-18が3-2で勝利。ともに連敗スタートだった市立船橋と浦和レッズユース(埼玉)との一戦はスコアレスドローだった。

 17日にはFC東京U-18(東京)対横浜F・マリノスユース(神奈川)戦が行われ、1-1で引き分けている。

【第3節】
(4月17日)
[東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)]
FC東京U-18 1-1 横浜F・マリノスユース
[東]野澤零温(18分)
[横]横溝広太(65分)

(4月18日)
[埼玉スタジアム2002 第2グラウンド]
大宮アルディージャU18 2-3 柏レイソルU-18
[大]前澤拓城(28分)、オウンゴール(90+2分)
[柏]升掛友護2(24、71分)、湯之前匡央(45分)

[流通経済大学付属柏高校グラウンド]
流通経済大柏高 1-2 清水エスパルスユース
[流]松本洋汰(45+2分)
[清]千葉寛汰(33分)、金子星太(69分)

[船橋市法典公園(グラスポ) 球技場]
市立船橋高 0-0 浦和レッズユース

[青森山田高校グラウンド]
青森山田高 2-0 横浜FCユース
[青]名須川真光(58分)、多久島良紀(61分)

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP